健康に良い、本当の『良眠』へご案内するニュースサイト

Categoryその他健康・美容
その他健康・美容ヘアカラー☆かぶれに要注意!

yume_b17.jpg

こんにちは須藤です。

iPhone6にしていろいろな作業がはかどります(笑)

 

さて今回はヘアカラーをした際のかぶれについてです。

 

皆様はカラーをした時、

痒みを強く感じたり、かぶれたことはありませんか??

 

これは酸化染料剤に対しての

アレルギー反応という事になります。

 

そして悲しいお知らせが!!

 

そう、今後おそらくズーーーーーと痒いです(つд⊂)

 

これは酸化染料剤(パラフェニレンジアミンなど)

の仕業です。

 

酸化染料は毛髪内部に浸透して酸化するので

しっかり染まったり、希望の色に仕上げることができるものです。

 

もちろん白髪などもしっかり染まります。

毛髪内部のメラニン色素を脱色して定着するからです!!

 

 

そしてカラーをするときには

皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を

行わなければなりません。

 

これは使用する酸化染料剤を

48時間皮膚につけるというものです。

 

皆さんしたことありますか???

 

なかなかサロンに一度行って

カラー剤を腕の内側に塗布して

乾くまでまってから家に帰って

2日後その様子を見てからできるかどうか判断する・・・・・

 

というのは難しいですね。

 

美容室では本来、必ずしなければならない事だったのです。

私のサロンではテストを行っておりますが、

時間の都合上、それを希望しないお客様が多いのが現状です。

 

かぶれは

『刺激性接触皮膚炎』と

『アレルギー性接触皮膚炎』に分類されます。

 

アレルギー性接触皮膚炎の場合は

染毛6時間~半日後ぐらいより痒みを感じます。

わたしもよく痒みを感じますが、

塗布した瞬間からなので、刺激性の要素が強いと思います。

 

 

また痒みだけでなく水疱ができたりすることも!!

 

爪などを立ててかき壊さないようにしてください。

このような場合は速やかに

お医者さまに受診することをお勧めします。

 

 

 

そのような方々にオススメなのは

非酸化染料剤を使用したカラーですね。

 

『ヘアマニキュア』がこの種類となりますね。

 

デメリットとしましては、

脱色する力はないので明るいカラーには不向きですし、

色自体つけることができないので

デザインの幅は狭くなります。

 

そして『ヘナ』

 

こちらも酸化染料剤は入っていませんが、

最近出回っている製品には入っていることもあるみたいです。

 

そしてそもそも草木染と言われるぐらいですので、

植物などでかぶれた経験がある方はやめた方がいいですね。

 

 

まとめますと、

一度でもかぶれた方は特に細心の注意が必要になります。

 

少なくとも自分で染めることだけは

おやめくださいね(^_^;)

  

ではでは

内容が似ている記事
カテゴリ
熟睡に誘導してくれる整体院
人気記事ランキング
けんこう枕 寝ると疲れが取れ 快眠 熟睡 整体 健康な生活がおくれる まくら