健康に良い、本当の『良眠』へご案内するニュースサイト

ご紹介クーポンお持ちの方はこちら

ご優待します
Categoryその他健康・美容
その他健康・美容重要なのは体重ではなく、筋トレ〜アイソメトリクス①

D14_66750640_XS.jpg

鏡に全身を映してみたとき、気になるのが全体のボディライン。
20代、30代頃までは、それほど感じなくても、
40代後半から50代に突入した途端に、ボディラインがぼんやりとしてきたような印象に...。
若い頃より5キロ、10キロ体重が増えてしまったという人は、
体重増がたるみの原因だと考えてしまいます。
だからといって、ダイエットをして体重を落としたとしても、
残念ながらゆるんだボディラインを整えることは難しいんですね。

体重を落とすだけではたるみ、ゆるみは解消できない。ならば、どうすればいいのでしょうか。

気になるボディラインを引き締めるためには、アイソメトリクスという筋トレがおすすめです。
これは、気になる部分だけに力を入れるトレーニングなので、部分やせが可能です。

普通にいわれている筋トレですと、腕や膝を曲げたり伸ばしたりすることによって、
筋肉の収縮と弛緩を繰り返すことができます。
それに対して、アイソメトリクスでは、筋肉を伸び縮みさせることなく力を入れて行います
わかりやすくいえば、壁に手をついて体重をかけ、腕に力を入れるという、静的な方法ですね。

トレーニングの時間と力の入れ方の関係を見てみると、弱い力で行う場合は長時間、
全力で行うなら短時間で、同じ程度の効果が出るとされています。
全力なら、6〜10秒で効果が期待できるので、最初は7秒くらいを保つようにするとよいでしょう。

アイソメトリクスは、全力を出す運動としてベストな方法です。
身体を大きく動かさないため、筋力が弱い人、
体力のない人が筋肉を鍛えるのに適しているんですね。
日頃、あまり運動をしない、運動に慣れていないという人も、無理なく行える方法です。
通勤の途中や家事、仕事の合間などを利用して、
いつでも場所を選ばずできるのが大きなメリットといえるでしょう。

◎アイソメトリクスの引き締め効果を上げるポイントとは?
 ①全力を出すこと
 ②7秒間、保つこと
 ③3回繰り返すこと
 ④1日3〜5セット行うこと
 ⑤1ヶ月を目標に行うこと

効果を早くあげたいと、最初から無理をしないことも大切ですね。
自分の体力、筋力を知り、アイソメトリクスを上手に行って、
全身、きれいなラインをつくってみましょう。(具体的なアイソメトリクスの方法はコチラの記事コチラの記事

内容が似ている記事
カテゴリ
熟睡に誘導してくれる整体院
人気記事ランキング
けんこう枕 寝ると疲れが取れ 快眠 熟睡 整体 健康な生活がおくれる まくら