健康に良い、本当の『良眠』へご案内するニュースサイト

Categoryその他健康・美容
その他健康・美容女性ホルモンについて考えてみませんか?

C14_52792916_XS.jpg

女性が女性らしくいるために欠かせないホルモン――
それが女性ホルモンです。
女性ホルモンとは、
卵巣から分泌され月経周期をコントロールしているエストロゲン(卵胞ホルモン)と、
排卵後に卵胞から変化した黄体が分泌するプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類。
このホルモンの働きで、女性らしいカーブや丸みのある体つきが作られ、
生理や妊娠をコントロール。さらにツヤのある美しい髪や肌、丈夫な骨、
精神を安定させる役割までも担っているのです。

女性にとってまさに宝ともいえるのが、女性ホルモン。
ところが現代社会では、若くても女性ホルモンの分泌量が減少する女性が急増中。
実は女性ホルモンはストレスにとっても弱く、環境の変化やストレスを感じると、
途端に減少してしまうからなのです。

また、加齢によっても女性ホルモンは減少していきます。
特に女性は更年期に入ると分泌量ががっくりと減ってしまうことに。
それが原因でめまいや疲れ、ほてりやイライラなどの症状が起こりやすくなります。
これがいわゆる更年期障害とよばれるものですね。

ではストレスによって女性ホルモンが減少した場合の解消法と、
更年期に女性ホルモンをなるべく安定させる方法をお教えしましょう。

<ストレスによって女性ホルモンが減少したなら>
◎シャワーではなく湯船にゆっくり使ってリラックス。
 ヒーリングミュージックを流しながらの入浴なんかもいいですね。
◎いつでもどこでも深呼吸を意識。
 ストレスがたまると知らず知らずのうちに呼吸が浅くなるもの。
 仕事の休憩時間や通勤で歩いているときなど、深呼吸をくりかえしてみましょう。
◎睡眠前には暗くした部屋でリラックス。就寝前のストレッチも効果的です。

<更年期世代が意識したいこと>
とにかくこの世代は女性ホルモンの分泌バランスを安定させることが大切。
となると、やはりエストロゲンとよく似た働きをする
大豆イソフラボンの摂取が効果的だといえるでしょう。
豆腐や豆乳、納豆を毎日摂取するようにしましょう。
目安としては一日に豆腐半丁、納豆なら1パック程度が適量とされています。

内容が似ている記事
カテゴリ
熟睡に誘導してくれる整体院
人気記事ランキング
けんこう枕 寝ると疲れが取れ 快眠 熟睡 整体 健康な生活がおくれる まくら