健康に良い、本当の『良眠』へご案内するニュースサイト

ご紹介クーポンお持ちの方はこちら

ご優待します
Categoryその他健康・美容
その他健康・美容身体のこりをほぐし「気」の流れを改善するストレッチ体操

D42_44406534_XS.jpg

前回、「気の」流れが精力回復のポイントであるというお話をしましたが、
今回は、どうしたら「気」の滞りを解消しスムーズにできるのか、具体的なエクササイズをご紹介します。

このエクササイズの目的は、ストレスでかたまった身体をほぐし、心もリラックスさせることです。
さらに身体に各部位のゆがみを直し、「気」の流れをよくしていきましょう。
また、このエクササイズを行うことで下半身の血行も改善され、精力回復も期待できます。

◎全身の血行をよくする

床に両手をつき四つん這いの姿勢をとります。
手は肩幅よりやや広めに、膝は肩幅に開き、つま先をつけてかかとは上げておきます。

お尻を引き、脇を伸ばす

手と足の位置を変えずに、脚を伸ばして上半身を反らす

お腹と顎の下をゆっくりと伸ばす

いったん最初の姿勢に戻す

肘を曲げ右の肩を首の後ろに押し付ける

左も同じように行う

全身の血行が改善され、「気」がスムーズに流れるようになります。
動かし方の決まりは特にないので、ゆっくりと気持ちいいと感じればOKです。

◎精力をアップする

精力アップの鍵は、下半身の血行をよくすることと、股関節の柔軟性にあります。
このエクササイズは、その両方を改善する効果が期待できるので試してみましょう。

床にあぐらをかいて座り、両足の親指をもって、内、外と各20回ずつ回しましょう。
足の親指は経絡で生殖器につながっているので、ここを刺激することで精力回復に効果があります。

次に両足をそれぞれ反対側の太ももにのせてみましょう。
この姿勢が辛い人は、普通のあぐらでも大丈夫ですよ。

この姿勢から上体を小さく揺らしながら前に倒していく

両手はできるだけ遠くに置くようにする

そのままの姿勢で30秒間キープ

いったん元の姿勢にもどす

脚を崩さずに仰向けになる

両手で足の親指を握り、30秒間キープ

うつ伏せになり右の肩を床につける

右膝を直角に曲げ、左膝は深く曲げる

10秒間、腰を左右にゆすり股関節をほぐす

反対側も同様に

うつ伏せの姿勢に戻り、両手を肩幅よりやや広く開いて肘で支える

両膝を曲げ、膝から下だけを上げる

上体を起こし、下腹部から股の付け根を伸ばし10秒間キープ

この一連のエクササイズを行うことで、股関節がほぐれ下半身の血行がよくなります。
自分のペースでゆっくりと、やってみるといいですね。

内容が似ている記事
カテゴリ
熟睡に誘導してくれる整体院
人気記事ランキング
けんこう枕 寝ると疲れが取れ 快眠 熟睡 整体 健康な生活がおくれる まくら