健康に良い、本当の『良眠』へご案内するニュースサイト

Category正しい睡眠のとり方
正しい睡眠のとり方昼食後に眠気が襲ってくる本当の理由

E12_69844693_XS.jpg

ランチを食べた後、眠くなるという経験がある人は多いのではないでしょうか。
昼食を食べると血液が胃に行ってしまい、脳に血液が行かなくなるので眠くなるという説。
しかし、朝食や夕食を食べた後に眠くなるかといえば、必ずしもそうではない。
この説は信ぴょう性が薄いといわざるを得ませんね。

また、脳が疲れて眠くなるという解釈もできますが、もしそうであるならば、
昼食後に眠くなったら、このあと夕方にかけてさらに眠くなってもいいはずです。
しかし実際には、夕方になって休める時刻になると、かえって眠れない事が多いですね。
そこでもうひとつ考えられるのが、体内時計による現象ではないかということです。
これについて実験が行われ、午後の早い時刻には、食事をとったかとらなかったかに関係なく、
一過性でに眠気が出現しますが、夕方に向けて減少していくという結果が出ています。
体内時計のリズムが遅れていると午後の眠気が出現する時刻も遅れることから、
午後の眠気は体内時計によって昼の時間帯に引き起こされる現象と考えられています。

また、午後に限らず、昼間に耐え難い眠気を感じている人も多いことでしょう。
原因としては、慢性的な睡眠不足がいちばんですね。
また、夜間の睡眠が不安定になり、質的、量的に障害がある場合も眠気の原因になります。
たとえば睡眠時無呼吸症候群は、眠っていても休養がとれないため、
日中の眠気や居眠りにつながります。
これは中年以降の男性に多く、きちんと治療しないと高血圧や心臓病の原因になるので、
十分注意して、早めに治療することをおすすめします。

日中、どうしても耐え難い睡魔に襲われたらどのように対処したらよいのでしょうか。
実は短い昼寝が、頭をすっきりさせる効果があると科学的に調べられています。
たとえば、午後の早い時間、ぼおっとして集中力が落ち、作業能率も低下したとき。
こうした現象に対して、短い昼寝は防止効果があるとされています。
このとき、注意してほしいのが、深く眠りすぎないこと。
深く眠ると脳や身体が休息モードに入ってしまい、かえって頭がぼんやりしてしまいます。

昼寝の眠気改善効果についての研究によれば、眠気を減少させるには10分が最もよいそうです。
とはいえ、昼寝は個人差があるので、必ずしなくてはならないということでもなく、
必要に応じて昼寝の時間をとるのがよいでしょう。

内容が似ている記事
カテゴリ
熟睡に誘導してくれる整体院
人気記事ランキング
けんこう枕 寝ると疲れが取れ 快眠 熟睡 整体 健康な生活がおくれる まくら