健康に良い、本当の『良眠』へご案内するニュースサイト

ご紹介クーポンお持ちの方はこちら

ご優待します
Categoryその他健康・美容
その他健康・美容長寿の国の食生活に学んでアンチエイジングを

F8_69454552_XS.jpg

長寿食といえば、「元禄時代の日本食こそが理想の長寿食である」と、
結論づけたアメリカの報告書がありました。
しかし、現代の日本人の食生活を振り返ってみると、元禄時代とは離れていくばかりですね。
日本は世界でも1、2位を争う長寿国ですが、寝たきりの高齢者も多く、
平均寿命はともかく、健康寿命は決して長いとはいえないというのが現実です。

さて、世の中にはありとあらゆる健康法があるわけですが、
実際に健康で長寿の人が多い地域の食生活には、共通するものがあります。
東北大学名誉教授である近藤博士が、1937年〜1972年までの35年間にわたり、
自身の足で歩いて調べた長寿村と短命村を比較した著書を発表しています。
それによると、次のような特徴があったということです。

〈長寿の地域に共通する食生活の特徴〉
●畑でつくった野菜を豊富に食べている
●魚介類が豊富、とくに小魚を食べている
●大豆をつくっていて、大豆料理が多彩
●海藻やゴマをよく食べている
●米だけを大量に食べない
●にんじん、かぼちゃ、山芋、さつまいもをよく食べる
●肉は脂肪を減らし、少量食べる
●年齢を重ねてもよく身体を動かしている

〈短命な地域に共通する食生活の特徴〉
●ご飯をたくさん食べている
●畑がないので、野菜の摂取量が少ない
●果物の産地では、野菜をほとんどとらない
●魚の切り身とご飯をたくさん食べている
●塩漬けのものとご飯の組み合わせが多い
●年齢とともにあまり働かなくなる(体調が悪く働けなくなる)

白いご飯と魚ばかりで野菜不足だったり、塩辛いものや干物が多かったり、
この時代の短命な地域では、多くが40歳代になると脳卒中で倒れてしまうという、
ハイリスクな生活を送っていたというわけですね。
女性の長寿世界1位の沖縄を見てみると、多くのお年寄りたちは野菜と穀物を中心に
あとは、大豆と魚、少しの果物をとり、肉や乳製品はわずかとい食生活を送っています。
この食生活は、とても参考なるのではないでしょうか。

日本以外でも、100歳以上の長寿者が多い地域がありますが、それらの地域と日本とでも、
驚くほど共通項があることがわかりました。

〈世界の長寿地域の食生活の共通点〉
●野菜や果物をたくさん食べている
●野菜や果物は新鮮なものを生で食べることが多い
●肉はほとんどとらない
●やぎ、牛、羊などの乳を発酵させたミルクを飲む
●炭水化物は、とうもろこし、精製されていない大麦や小麦などでとる
●豆やナッツをよく食べる
●砂糖をとらない

日本、そして世界の長寿地域の食生活からは、美と健康へのヒントがたくさんありますね。

内容が似ている記事
カテゴリ
熟睡に誘導してくれる整体院
人気記事ランキング
けんこう枕 寝ると疲れが取れ 快眠 熟睡 整体 健康な生活がおくれる まくら