健康に良い、本当の『良眠』へご案内するニュースサイト

ご紹介クーポンお持ちの方はこちら

ご優待します
Categoryその他健康・美容
その他健康・美容老化を促す大敵「糖化」を避ける食べ方とは

F14_57117106_XS.jpg

老化の大敵として、私たちが警戒したいことが2つあります。

ひとつは、活性酸素によって身体の組織を攻撃されることによる「酸化」。
そしてもうひとつが、今回のテーマ、「糖化」です。

近年、糖化についての研究が進んでおり、糖化によってできる「AGE(糖化最終生成物)」が、
老化の原因にひとつであることがわかってきています。

私たちの身体の多くを占めるタンパク質は糖と結びつきやすいので、
糖が体内に多く入ってくると、タンパク質と糖がくっついてAGEを生み出すんですね。

AGEが増えると、タンパク質でできた血管、筋肉、肌などの性質が変化し、老化していきます。
肌にAGEが増えれば、シワ、たるみ、シミなどができるようになります。
アンチエイジングの面からも、これは由々しき問題ですよね。

また、糖化は脳でも起きています。
たとえばアルツハイマー。
βアミロイドというタンパク質のシミが脳にたまるのが原因といわれていますが、
このシミの中にAGEが多く検出されるのだそうです。

しかしながら、糖が悪いものというわけではないので、誤解しないでくださいね。
糖は私たちのエネルギー源で、なくてはならないものだからです。
糖が含まれた炭水化物を食べなければ、低血糖になったり、エネルギーが不足して、
元気がなくなり、頭も働かなくなってしまいます。

大切なのは、糖といかに付き合うか、です。
単に糖をとっただけで糖化が起こるわけではありません。
糖が一度に過剰に増えたとき、つまり血糖値が急上昇したとき、糖化が起こりやすいのです。

ここでいう「一度に血中に糖が増えてしまう食べ物」とは、「GI値が高い食べ物」のこと。
精製された白い炭水化物や砂糖などのことですが、
中でも砂糖の入ったお菓子類はGI値がとても高い食品です。
糖化を起こさないためにも、こうしたお食品は食べないのが理想ですが、
食べるなら、できるだけ少量を心がけたいところですね。


また、「一度の糖を増やさない食べ方」にも注目を。
食事の最初には野菜を食べること。繊維の多いものがおすすめなので海藻でもOKです。
理想的な食べ方は、
生野菜→煮野菜、焼き野菜→タンパク質→ご飯という順番になります。

酢には血糖値の上昇を抑える働きもあるので、最初に生野菜にかかっていればより効果的。
おろし野菜に酢醤油、酢の物、生野菜サラダにドレッシングもおすすめですよ。

内容が似ている記事
カテゴリ
熟睡に誘導してくれる整体院
人気記事ランキング
けんこう枕 寝ると疲れが取れ 快眠 熟睡 整体 健康な生活がおくれる まくら