健康に良い、本当の『良眠』へご案内するニュースサイト

Categoryその他健康・美容
その他健康・美容若々しい小顔のためにやっておきたい顎マッサージ

実際に、顔の面積が大きくなったり、顔が大きくなるわけではありませんが、
口元や輪郭がもったりしてくると、どうしても顔も大きく見えてしまいますよね。
キリッと引き締まった小顔になれたら、10歳以上は若く見えるのに...

顔を小さく見せるために、知っておきたいこと、それが顎です。

F31_44614939_XS.jpg

最近、顎関節症の人が増えているといるようですが、
これは口を開けるときにカクンと音がしたり、口を大きく開けづらいといった症状ですね。
顎の関節のゆがみには、噛み合わせの不良や噛み方の癖が関わっていることもあり、
関節を矯正するだけでは不十分な場合も多々あるようです。

ストレスで、寝ているときに奥歯を噛み締めたり、歯ぎしりしたりして、
こめかみにある側頭筋やエラの部分にある咬筋が硬くなっている人もいます。
なかでも、咬筋が発達して太くなっている人が多く、見た目にも、
顔が四角く、エラが張って見えたり、顔が大きく見えてしまうんですね。
片方ばかりで噛んでいる人の場合は、咬筋の太さが違ってくるため、
頬の横幅に差が出てしまい、目の大きさや高さにも影響が出てくるので要注意ですね。

そこでおすすめしたいのが、咬筋が太くなっていないか、左右対称かをチェックすることです。
まず、咬筋の場所を確認しましょう。
手のひらをエラにあて、口を閉じたまま、奥歯を強めにカチカチと噛みます。
このとき、動いている頬の下の筋肉が咬筋です。

咬筋がわかったら、親指と人差し指でつまんでみて、硬さや太さをチェック。
左右差がなく、細くてあまりつまめないという人は問題ありませんが、
左右で咬筋の太さが違うなと感じたら顎関節にゆがみがある可能性も考えられます。

咬筋が太く硬くなっているなと感じた人は、マッサージでほぐすようにしましょう。
咬筋、こめかみ、首の前側の筋肉。
噛みしめている人は、この3カ所が硬くなっていると思われるので、
マッサージでゆるめてあげると、かなり楽になるはずですよ。

●咬筋をほぐすマッサージ方法
①頬、こめかみ、首にオイル、またはクリームをのばし、奥歯を噛まずに、
口の力を抜いて半開きにします。
②指の腹全体で咬筋をくるくると、少し強めの力でマッサージしてください。
③こめかみもくるくるとマッサージを
④耳の前側の筋肉を上から下へ、なでるようにマッサージします。

このマッサージで、顎をゆるめれば、顔が小さく見えますよ。
もともと顔が大きいからと諦めずに、ぜひ試してみてくださいね。

内容が似ている記事
カテゴリ
熟睡に誘導してくれる整体院
人気記事ランキング
けんこう枕 寝ると疲れが取れ 快眠 熟睡 整体 健康な生活がおくれる まくら