健康に良い、本当の『良眠』へご案内するニュースサイト

Categoryその他健康・美容
その他健康・美容老け顔をつくる目元のたるみ、小じわを撃退

F33_40454190_XS.jpg

女性にとって、老けて見えるトラブルはさまざま。
口元や頬のたるみ、輪郭のゆるみは確実に見た目年齢を上げてしまいますが、
なんといっても老け顔の元凶となるのは、目元のトラブルです。

上まぶたがたるむと目が大きく開けにくくなるので、
実際の目より小さく見えてしまうというのも大問題ですね。
たるみはなくても、コラーゲンがしぼんだように目がおちくぼんでしまうことも。
目の下のクマも年齢とともに気になってきますね。

目元の老化というのは、目の疲れがあるとさらに早く進行する傾向があるんだとか。
口元や頬のたるみはエクササイズで改善できますが、
目の疲れが表に出やすい人はとくに注意が必要ですね。
とくにパソコンを使って仕事をする人は、常に目を酷使しています。
夜型の人も、寝不足による目の疲労も重なりますね。

では、少しでも目の疲れを軽減し、目元から若々しくなるにはどうすればいいのでしょうか。

第一に心がけたいのは、目にいい栄養素を補給することです。
網膜の30〜60%はDHAなので、いわし油のサプリメントなどでDHAをとるといいですね。
もうひとつ注目してほしいのが、ルテインというカロテノイド系色素です。
紫外線や環境汚染の影響で、目にも活性酸素が発生しますが、
ルテインをとっていると、網膜と水晶体に蓄積され、活性酸素から守ってくれます。
この作用は、視力低下、眼精疲労、白内障の予防にもいいことがわかっています。
ルテインはほうれん草にもっとも多く含まれているので、
疲れ目を感じたらとにかくほうれん草をたくさん食べましょう。
1日6mg以上のルテインで効果がありますが、ほうれん草なら3分の1束でOKです。
他にはブロッコリー、サニーレタス、グリーンピース、芽キャベツ、かぼちゃなどにも
比較的多く含まれていますが、やはり含有量ではほうれん草がダントツ。
ルテインは油に溶けやすいので、油炒めにして食べるのがおすすめです。

でも、毎日、毎食ほうれん草を食べるわけにもいきませんね。
そんなときは、マリーゴールドの花から採取されたルテインのサプリメントもあるので、
上手に取り入れて、補うといいですね。

目の健康のためには、パソコン作業をする時間をできるだけ減らすのがいちばんですね。
仕事の人はしかたないですが、プライベートでは意識して減らすようにしましょう。
たまに、目のツボ押しをするのも、疲れ目に効くのでぜひやってみて。

内容が似ている記事
カテゴリ
熟睡に誘導してくれる整体院
人気記事ランキング
けんこう枕 寝ると疲れが取れ 快眠 熟睡 整体 健康な生活がおくれる まくら