健康に良い、本当の『良眠』へご案内するニュースサイト

Categoryその他健康・美容
その他健康・美容若さの源「成長ホルモン」を増やすには?

F37_72624000_Subscription_Monthly_M.jpg

私たちの筋肉は、努力しないでいれば、年齢とともに自然に減っていきます。
減ってしまういちばんの原因は、筋肉をつくる成長ホルモンの分泌量が減ってしまうから。
実は成長ホルモンの分泌のピークは15歳。
20歳頃から、すでに減り始めて、50歳では20歳の半分しか分泌しないんですね。

成長ホルモンは、別名若返りホルモンといわれています。
筋肉や骨が成長を終えたあとも分泌され、代謝や肌の水分量、肌のハリに関係しています。
たとえば、肌の水分量は、赤ちゃんのときがピークで、40代で半分、
60代になるとさらにその半分になってしまうんですね。

つまり成長ホルモンを増やすことができれば、筋肉量も筋力もアップ。
骨も丈夫になり、見た目も引き締まるし、肌の水分量も上がります。
シワのない、つやつや、ぷるぷるの肌も諦めずにすむかもしれませんよ。

さて、成長ホルモンの分泌をうながすのに最も効果的なのは、
スロースクワットのようなゆっくりとした筋トレがよいようです。
トレーニングしたときの疲労により、筋肉の中に乳酸や一酸化窒素が蓄積しますが、
これが脳下垂体を刺激し、成長ホルモンの分泌を促してくれるんですね。

運動することのメリットはもうひとつあります。
長寿にかかわる「AMPK」という遺伝子スイッチが、運動で筋肉が収縮することで、
ONになるということがわかってきています。

成長ホルモンやAMPKを抜きにしても、運動でエネルギーを消費することによって、
細胞にいるミトコンドリアを活性化することができるんですね。
ミトコンドリアは、細胞の中で食べ物からとった栄養と酸素を使い、
エネルギーを造り出していますが、運動不足になると数が減ってしまうんだそうです。
自然治癒力も、免疫力も、活性酸素を撃退するSOD酵素の合成も、
すべてミトコンドリアがつくるエネルギーがなくては成り立たないのです。
ミトコンドリアが増えることで、代謝がよくなり、質のよいミトコンドリアが増え、
年齢を感じさせない若々しい身体を保つことでできるというわけですね。

さて、ミトコンドリアは筋肉の中でも、背中と太ももにいちばん多く含まれているので、
ここを鍛えることで、ミトコンドリアをより増やすことが可能です。
そこでおすすめしたいのが、スロースクワットです。

一度に何十回も行うのはキツいですが、10回を1セットとして、
一日に5〜6回行うだけでも、トータルではかなりの運動量になりますね。
仕事の合間に、トイレに行くついでに、気軽に続けられそうなので、
試しにやってみてはいかがでしょうか。

内容が似ている記事
カテゴリ
熟睡に誘導してくれる整体院
人気記事ランキング
けんこう枕 寝ると疲れが取れ 快眠 熟睡 整体 健康な生活がおくれる まくら