健康に良い、本当の『良眠』へご案内するニュースサイト

Categoryその他健康・美容
その他健康・美容きれいな空気の中で暮らすための知恵と工夫

F49_65652106_Subscription_Monthly_M.jpg

普段、その存在すら自覚することがなく、当たり前のように暮らしていますが、
空気は生きていくためにはもちろん、アンチエイジングを考えるときにも、
ぜひとも目を向けてほしいものです。

人間が口に入れるものでいちばん多いものは、自分の家の空気なのだそう。
一生のうちに摂取する全重量のうち、56%も占めるというのですから、
いかに空気が大事なものかわかりますよね。

ところが、新築の家やマンションの場合、家の空気が汚染されていることがあります。
建築材料をはじめ、家具、じゅうたん、カーペットなどから揮発する化学物質が原因で、
シックハウス症候群というアレルギー症状に悩ませることもあるんですね。

シックハウス症候群の主な症状は次のようなものです。
●目の痛み
●かゆみ
●鼻水やくしゃみ
●頭痛
●めまい
●じんましん
●吐き気
●食欲不振
これがすべて出る人、いくつかがあてはまる人がいると思いますが、
ひどくなると、わずかな化学物質にも反応する、化学物質過敏症になるケースも。

家を新築するときには、大量の化学物質が使われています。
また、クロスや木材の合板には接着剤や塗料も使われています。
ここからホルムアルデヒド、トルエン、キシレンといった化学物質が揮発してきます。
マンションなどは気密性が高いので、揮発物がなかなか消えないことも多いのだとか。

こうした化学物質は、アレルギーにまでならなくても、
体内で活性酸素を発生させるため、老化を促進してしまうんですね。
一生のうちに口に入るものの56%が空気ということを考えると、
その影響は、アンチエイジングの面からも相当大きいといわざるを得ません。

もし、これから新築の家やマンションに入居する予定がある人は、
完成してもすぐには引っ越さないで、換気をしつつ、
3カ月くらいしてから引っ越すというのもひとつの方法かと思います。
また、揮発性の化学物質は湿度や温度が高いと、さらに揮発するので注意してくださいね。

シックハウス症候群は、ダニ、カビ、ホコリにより悪化しやすいので、
微粒子を集塵する高性能の「HPEA」フィルターが入っている空気清浄機がおすすめ。
また、木材、建材、クロスなどに水溶性の鉄分をしみこませる、
「FFCテクノロジー」という方法もあります。
これにより室内の化学物質の害を中和し、空気を改善。
アレルギー症状を抑えたり、カビやダニの繁殖を抑えることが期待できるので、
新築の際に取り入れてみるといいかもしれませんね。

内容が似ている記事
カテゴリ
熟睡に誘導してくれる整体院
人気記事ランキング
けんこう枕 寝ると疲れが取れ 快眠 熟睡 整体 健康な生活がおくれる まくら