健康に良い、本当の『良眠』へご案内するニュースサイト

ご紹介クーポンお持ちの方はこちら

ご優待します
Categoryその他健康・美容
その他健康・美容朝に弱い人たちにはこんな共通点があった!

G1_56673487_Subscription_Monthly_M.jpg

夜明けと共に起き、陽が沈んだら寝る。
人間の睡眠は、本来、そういう自然のサイクルとともにありました。

ところが現代は、どうでしょう。
夜になっても、仕事や遊びで遅くまで起きている人がいます。
昼と夜が逆転してしまっている人も多いですよね。

学生時代にしみついた朝寝坊の習慣が社会人になっても抜けない
●残業続きで帰って寝るのはいつも午前1時過ぎ。朝がつらすぎる
自宅で仕事をしているので就寝時間もまちまち、ここ数年、朝日を浴びたことがない
●いくら睡眠をたっぷりとっても朝の目覚めがよくならない
●深夜まで受験勉強。予備校にも行かなければならないが、目覚ましにも気づかない

いわゆる「朝がつらい、起きられない」という人たちの声です。
こうした人たちは、目覚めても頭がボーっとしているといいます。
毎朝、元気に目覚め、頭も身体もすっきりできたらいいのに...
そんな悩みを抱えている人が増えているのが現代なんですね。

誰だって、毎日清々しい気分で生きていたいと思うものですが、
朝のつらさを克服するのは、なかなかやっかいなことのようです。

睡眠に関する悩みにもいろいろあります。
夜なかなか寝つけない、夜中に頻繁に目が覚めてしまう、
何時間寝ても寝起きがすっきりしない、どんなに寝ても疲れがとれない
こうしたことが積もり積もって、朝がつらいということにつながっていきます。

なかでも症状が重い人の場合、生活に深刻な影響も出てくるようですね。
たとえば、午前中はぼんやりしていて勉強は仕事の効率が上がらない
遅刻を繰り返し、先生や職場の先輩から叱られる
一日中眠くてだるくて、何もやる気が起きない
こうして悪循環に陥り、抜け出せなくなってしまうんですね。

さらに症状が進んでいくと、社会生活を送る上でも支障がおこってきます。
時間にルーズだとか、あてにならない、責任感がない、怠け者だと思われ、
ついには社会的な信用さえ失いかねませんね。
意思はあっても、身体がいうことをきかないというのは、
本人にとっても一層、つらいことに違いありません。
いつしか、自分にダメ人間というレッテルを貼り、自己嫌悪に陥ってしまいます。

そこまで症状が進んでしまう前に、朝がつらいのはなぜなのか、
朝のつらさを克服するにはどうしたらいいのか。
次回コチラの記事から、さまざまな視点から検証し、参考にしてもらえたらと思います。

内容が似ている記事
カテゴリ
熟睡に誘導してくれる整体院
人気記事ランキング
けんこう枕 寝ると疲れが取れ 快眠 熟睡 整体 健康な生活がおくれる まくら