健康に良い、本当の『良眠』へご案内するニュースサイト

ご紹介クーポンお持ちの方はこちら

ご優待します
Categoryその他健康・美容
その他健康・美容自分の睡眠のタイプを知ることから始めよう

G2_76398629_Subscription_Monthly_M.jpg

朝がつらいという状態を抜け出し、毎日気分よく過ごすことと「睡眠」は、
とても深い関係にあります。

人間が快適に生活を送るためには、身体と精神が秩序正しく機能していることが必要です。
そのためにはどうすればいいのか。
いちばん簡単な方法は、質のいい睡眠をとることなんですね。

毎日のいい睡眠は、身体機能や精神のバランスをリセットし、
正常に保つ上で大きな役割を果たしてくれています。
つまり、自分の睡眠を見直すことで、「朝に強い人」にもなれるということなんですね。

みなさんは、電車の中でほんの数分、うたた寝をしてしまい、
目覚めたとき、不思議なくらい頭がすっきりしていたという経験はありませんか?
そんなさわやかな目覚めを毎朝味わえたらいいですよね。
朝が苦手な人は、「いい眠り方、起き方」のやり方を知らないことが多いのです。

早朝からバリバリ仕事をするビジネスマンの例を見ると、
早く起きて朝を有効活用していることがよくわかります、
早朝は脳の働きが大変よく、こまごました事務処理や、
集中力を必要とするような仕事にも最適なんですね。
このゴールデン・タイムを制する人が一日の仕事を制する、
そういっても過言ではないのです。
頭の働きがいい朝から昼前にかけて、面倒な仕事を片付けてしまえば、
その日一日の仕事にも勢いがつきますよね。

ここで、ある企業の社長を例に、参考になる点を見てみましょう。
この社長は、日本でも成功をおさめた朝型ビジネスマンの典型です。
社長の時間管理のコツは、あらかじめ将来の目標を設定し、
物事に期限を設けるクセをつけることなのだそうです。
夜も明けないうちに起き、デスクに向かう仕事は午前10時にはほぼ片付けています。
朝早くすっきりと起床し、午前中を最大限に効率的に使い、
午後の仕事を充実させているというわけですね。

そうはいっても、自分はそんなに早く起きられない、自分にはできないと
諦めてしまう人もいるかもしれませんね。


しかし、人間は本来、一日を身体も頭もフルに使って活動することによって、
夜はぐっすり眠り、快適な朝を迎えるという生活リズムをもっています
ただし、このリズムは、ストレスや不規則な生活によって崩れてしまいます
日本人の4人、もしくは5人に一人は、不眠を訴えているという調査結果もあるほど。
まずは自分の睡眠のタイプを知ることから始めてみてはいかがでしょうか。

ちなみに睡眠タイプに関して細かく紹介した記事は コチラ「起きられない人の10のタイプ、自分はどのタイプ?」です。

内容が似ている記事
カテゴリ
熟睡に誘導してくれる整体院
人気記事ランキング
けんこう枕 寝ると疲れが取れ 快眠 熟睡 整体 健康な生活がおくれる まくら