健康に良い、本当の『良眠』へご案内するニュースサイト

Category正しい睡眠のとり方
正しい睡眠のとり方今日からできるぐっすり眠れる熟睡テクニック② 子守歌と香りの効果

G8_64691272_Subscription_Monthly_M.jpg

何回かに分けている【おすすめ快眠テクニック】。今回は2回目です。
(前回1回目はコチラ

③音楽〜モーツァルトの子守唄で眠る

どうしても眠れない夜もありますよね。
そんなときは、寝なくてはと頑張らないほうがいいですよ。
大事なのは、深い眠りに移りやすい身体のリズムにもっていくことなんですね。

たとえば、音楽。
好き嫌いはあるかもしれませんが、音楽を聴くことは、
心を落ち着かせるために効果的なひとつの方法でもあります。
医療の分野でも、さまざまな音楽を聴いてリラックス効果をあげたり、
集中力をアップさせるといった音楽療法(ミュージックセラピー)が注目されています。
音楽を使った心理カウンセラーや音楽療法士なども登場していますね。

人間の脳はリラックスしているとき、アルファ波を出していますが、
同じアルファ波を出す音楽を聴くことで、リラックスできるともいわれています

スムーズな眠りを誘う音楽としておすすめの曲をご紹介しましょう。
●ショパン「前奏曲第7番イ長調 作品28の7
●ショパン「子守歌変ニ長調 作品57
●バッハ「マタイ受難曲BWV244より 第26曲 
 私はイエスのそばで目をさましていよう」
●バッハ「マタイ受難曲BWV244より 第47曲あわれみたまえ、わが神よ」
●モーツァルト「アヴェ・ヴェルム・コルプスK618」

もちろん、自分が聴いて心地よくなれる音楽を選ぶことがいちばん。
ゆったりしていて、規則正しいテンポの曲を小さい音量で聴くこと
これをふまえて、お気に入りの音楽を聴いてみてはいかがでしょうか。

④香りの効果〜アロマテラピー

最近、アロマテラピーが人気ですが、みなさんも試したことがあるのでは?
アロマとは「芳香」、テラピーは「療法」を意味するフランス語。
自然の植物から抽出した成分の力を借りて、身体や精神をリラックスさせ、
自律神経系のバランスを整えることを目的としています。
眠りを誘う香りといえば、代表的なのがラベンダーですが、
他にも快眠に効果のある香りがあります。

カモミール/鎮静、鎮痛の効果があります
サンダルウッド/頭痛、体調不良、腰痛の人におすすめ
クラリセージ/ホルモンのバランスを整え、生理機能関連のトラブル防止に
スイートオレンジ/柑橘系の香りで、身体を温めリラックスさせてくれます

湯船に香りのエッセンシャルオイルをたらして入浴したり、
眠る前のひととき、アロマランプで香りをくゆらせてみましょう。
アロマキャンドルやアロマピロウ(枕)などを探してみるものいいですね。

(次のテクニックを紹介する記事はコチラ

内容が似ている記事
カテゴリ
熟睡に誘導してくれる整体院
人気記事ランキング
けんこう枕 寝ると疲れが取れ 快眠 熟睡 整体 健康な生活がおくれる まくら