健康に良い、本当の『良眠』へご案内するニュースサイト

Category正しい睡眠のとり方
正しい睡眠のとり方寝つきが悪いときはこんな「入眠儀式」がおすすめ

G13_70339372_Subscription_Monthly_M.jpg

自分はどうも寝つきがよくなくてという人には、共通する傾向があるようです。
仕事や人間関係など、誰にでも悩みごとはつきませんよね。
いくら心配しても解決するわけではないのですが、つい考えてしまう...
そうやって考え、悩んでいるうちに、寝そびれてしまう人も少なくないのでは?

考えてもしかたないのなら、今夜はぐっすり眠って、明日に備える。
そのほうがずっと健康的といえるのではないでしょうか。
そこで今回は、心を落ち着かせるための「入眠儀式」をご紹介したいと思います。

1)今日一日にあった「よかったこと」を3つ思い出してみる

ストレスがたまると、ものごとを悪いほうへ考えてしまいがちですね。
そこで、眠りに入る前に、今日あった「よかったこと」を思い出してみましょう。
「帰りに立ち寄ったケーキ屋さんの店員さんが感じ良かった」
「雨上がりの空がとてもきれいだった」
「肌がきれいですねと褒められた」
大きなできごとでなくていいんです、思い出し、明るい気持ちになれれば、
きっと気持よく眠りにつくことができますよ。

2)「明日やること」リストをつくる

ベッドに入る前、「明日やること」「気になっていること」を簡単に書き出しおきましょう。
スケジュール表をつくっておくと、安心して眠れるようになるものです(やりすぎは疲れるので注意)。

3)明日着ていく服、持っていくものを揃える

就寝10分前。明日着ていく服や持っていくものを準備しておきましょう。
明日の準備は万端という安心感で、スムーズに眠れるようになるはず。
明日の準備をするという行動そのものが、気持ちを前向きにしてくれますね。

4)枕に向かって「起床したい時間」をとなえてみる

明日こと目覚まし時計がなる前に起きる!と呪文のように唱えて、
枕を決まった回数叩く。
こんなことも、自己暗示につながって意外に効果があるんですよ。
騙されたと思って、試してみてはいかがでしょうか。

入眠儀式といっても、これがベストというものはありません。
当たり前のことですが、人それぞれ、自分に合った方法を見つければいいんですね。
枕が変わると眠れないといって、どこへ行くにも枕持参という人がいますが、
それも入眠儀式のひとつなんですよね。
些細なことでいいのです、たとえば、「私は仰向けだと眠れる」なんていうことでもOK。
自分らしい、オリジナルな儀式をぜひ見つけてみてくださいね。

内容が似ている記事
カテゴリ
熟睡に誘導してくれる整体院
人気記事ランキング
けんこう枕 寝ると疲れが取れ 快眠 熟睡 整体 健康な生活がおくれる まくら