健康に良い、本当の『良眠』へご案内するニュースサイト

Categoryその他健康・美容
その他健康・美容骨盤のゆがみは血管やリンパ管の循環の大敵

H10_70105854_Subscription_Monthly_M.jpg

骨盤矯正という言葉、聞いたことはありませんか?
ダイエット関連のサイトや雑誌などにもよく出てきますね。

骨盤のゆがみを直して痩せましょう、といううたい文句が多いようですが、
骨盤のゆがみって、そもそも、どういう状態をいうのでしょうか。
やさしくいえば、本来漏斗のような形をしている骨盤が、
なんとなくいびつになっている様子をイメージするといいかと思います。

◎骨盤がゆがむと何が起こる?

骨盤がゆがんでいると、足の付け根(漏斗)の下のほうを通る、
血管やリンパ管の体液循環がスムーズに行われなくなってしまうんです。
足の付け根というと、股関節にあたる部分でもありますね。

関節は身体の各部分が関連しあう繋ぎ目のこと。
体液にとっては、流れていく途中の関所のようなものですね。
この関所の周囲には、動脈、静脈、リンパの出入口が集中しています。
そしてこの関所にはリンパ節も集中しているのです。
リンパ節は、リンパ液に混じって入ってきたウイルスなどを発見し、
退治してくれるところでもあります。

姿勢が悪いというのは、関節にいびつな力がかかっている状態なんですね。
そしてこちが痛くなるのは、股関節に力がかかり過ぎているためです。
これにより、鼠径部が圧迫され、下半身の血液やリンパ液が戻りにくくなり、
腰が重く、だるく感じてしまうわけです。
まっすぐに立っているときなら、体液は関節をスムーズに通過できますが、
姿勢が悪く、関節に無理な力がかかると、関節を通過するホースが潰れ、
流れが滞って、体液の循環障害が引き起こされてしまうというわけです。

また座っているときも同様です。
デスクワーク、車の運転など、悪い姿勢のまま長時間過ごしていると、
立っているとき以上に、関節が不自然に締めつけられてしまいます。
関節をスムーズに通過できなかった体液は、次第によどみ、
血液中の血漿という成分が、血管やリンパ管からはみ出して皮下に溜まります。
これがいわゆるむくみの正体だったんですね。

◎自分の骨盤の状態をセルフチェック

誰でも自宅で簡単に骨盤チェックできる方法をご紹介しましょう。

タオルを八つ折りにし、片方ずつタオルを坐骨の下に入れてみます。
①右にタオルを入れて安定するなら右側の腸骨が後ろに傾いています。
②左にタオルを入れて安定するなら左側の腸骨が後ろに傾いています。
自分がどちらにタオルを入れたら安定するかがわかったら、
意識して安定する側にタオルを入れるようにすると、
骨盤のゆがみを軽減できますね。

内容が似ている記事
カテゴリ
熟睡に誘導してくれる整体院
人気記事ランキング
けんこう枕 寝ると疲れが取れ 快眠 熟睡 整体 健康な生活がおくれる まくら