健康に良い、本当の『良眠』へご案内するニュースサイト

ご紹介クーポンお持ちの方はこちら

ご優待します
Category正しい睡眠のとり方
正しい睡眠のとり方自分にとってベストな枕の高さは体格で決まる

I18_77260760_XS.jpg

前回(コチラ)ご紹介したとおり、枕選びには色んなポイントがありますが、思い込みによるこだわりは禁物です。
じゃあ、「自分に合う枕」を見つけるには、どこにどうこだわればよいのでしょうか

枕不眠を訴えて整形外科を訪れたある患者さんのお話です。
その人は、「私はいつもうつぶせで寝るから、枕は低くしてほしい」というのです。
しかし、朝までずっとうつぶせで眠ることはありえないし、
そもそもうつぶせ状態は寝姿勢としてはとても不自然といわざるを得ません。
にもかかわらず、うつぶせ寝になってしまうのはなぜなのか。
本当は枕が合わないために、上向きや横向きで寝るがつらいため、
しかたなくうつぶせで寝ているということが考えられます。
枕が合わないために、うつぶせ寝や半うつぶせ寝、そして枕なしの状態に。
そうした姿勢でなければ眠れないから、やむなく選んだ寝姿勢なのに、
それを「自分の好みや癖」だと思い込んでいるケースが意外に多いんですね。

さて、うつぶせ寝の癖をはじめ、不自然な寝姿勢をとっている人に有効なのは、
快適な枕の高さを見つけることです。
それは、一人ひとりの体格によって決まります。

ある整形外科医が500人以上の患者さんの枕の高さを調整し、
「ちょうどいい」と判断した高さをまとめたデータによれば、
身長と枕の高さの相関関係は、0.899という数値(ちなみに相関は-1~1の間で、1に近いほど高い関係です)が出ています。
身長が高くなればなるほど、枕も高くなったほうがいいのです。
さらに、それぞれの身長における平均体重を算出し、
その体重と枕の高さの関係を調べてみると、相関関係は0.948という高い値になりました。

つまり、適切な枕の高さは、身長体重と明確な相関関係にあるということ。
ですから、枕を選ぶときには、既成品でもオーダメイドでも、
好みよりも、まず第一に体格を念頭に置いて選ぶことが重要です。
好みばかりを優先してしまうと、気づかないうちに首や腰などに、
思わぬ負担をかけてしまうこともあるからです。

好みや感触で選んだ枕が気持ちいいのは、寝つくまでの数分から数十分間のこと。
実は、寝入ってから6時間も7時間も、枕の上で悪戦苦闘しているのかもしれませんよ。
だからこそ、自分の体格(身長、体重)に合った高さの枕を選ぶことが重要なのですね。

内容が似ている記事
おすすめキーワード
カテゴリ
熟睡に誘導してくれる整体院
人気記事ランキング
けんこう枕 寝ると疲れが取れ 快眠 熟睡 整体 健康な生活がおくれる まくら