健康に良い、本当の『良眠』へご案内するニュースサイト

ご紹介クーポンお持ちの方はこちら

ご優待します
Category正しい睡眠のとり方
正しい睡眠のとり方快適なマットは「軟らかすぎず、硬すぎない」ものを選ぼう

I22_69589730_XS.jpg

今回は、実際にマットを選ぶときの条件についてのお話です。

よいマットとは、体圧分散と体圧保持の両方の機能を同時に満たすものです。
静的寝姿勢と動的寝姿勢のどちらの場合にも、脊椎を適切な状態に保てるマット。
これが重要になってきますね。

適切なマットで寝た場合、背骨が自然なカーブを描いています
頭は自然に枕にのり、肩はしっかりとマットに支えられ、いちばん重い腰だけが少し沈んだ状態です。
身体の一点にかかりがちな圧力が適度に分散されているので、寝返りもうまく打てるはずです。
これが「軟らかすぎず、硬すぎない」マットの基準です。

軟らかすぎるマットで寝た場合はどうでしょう。
肩の部分がわずかに沈み、腰のあたりはくの字に落ち込んでしまいます。
これでは、腰痛を支えている背筋が緊張し、血流まで悪くなってしまいます。
体圧分散だけを重視すると、こうした現象が起こりがちなので注意が必要ですね。

逆に硬すぎるマットの場合はどうでしょうか。
最近、硬いマットのほうがいいとばかりに、畳と布団の間にベニヤ板を敷いたり、
フローリングの上に薄い敷布団だけで寝るという人もいます。
しかし、そんな状態では、背骨が逆くの字に反ってしまいますね。
いわゆる「エビ反り」の寝姿勢になっているのです。
その結果、腰椎と股関節を結ぶ大腰筋が過度に緊張してしまい、
起きた途端に腰が痛いとか、股が痛いなどという症状が出ることがあるのです。

軟らかすぎるのも、硬すぎるのも、身体には悪影響が出るばかりですね。
自分にとってベストな着地点をしっかり見つけたいもの。

まずは、デパートの寝具売り場やベッドメーカーのショールームなどを訪れて、
体圧分散測定をしてもらうといいですね。
枕選び同様、実際に寝てみた状態で、体験することが大切ですね。
また、静的寝姿勢だけではなく、寝返りも打ってみてください。

さらにもうひとつ、忘れてはならないのがマイ枕を持参すること。
枕が替われば、寝姿勢も変わります
実際には、枕とマットは同時に購入するのが理想ですが、
そうもいかない場合もあるでしょう。
耐用年数の面から、まずマットを選んで次に枕を選ぶというのもひとつですし、
コスト面、投資のしやすさから枕を先というのもありです。

最終的に適切な枕と適切なマットを選択できれば、安らかな眠りが約束されるはずです。

内容が似ている記事
おすすめキーワード
カテゴリ
熟睡に誘導してくれる整体院
人気記事ランキング
けんこう枕 寝ると疲れが取れ 快眠 熟睡 整体 健康な生活がおくれる まくら