健康に良い、本当の『良眠』へご案内するニュースサイト

ご紹介クーポンお持ちの方はこちら

ご優待します
Category疲れがたまらない姿勢
疲れがたまらない姿勢痛みや不調を改善する背骨のためのエクササイズ〜その②肩甲骨をほぐす

493_47556656_XS.jpg

さまざまな痛みや不調を根本から改善するために、役立つエクササイズ、それが背骨リセッです。
まずは、肩甲骨をほぐすエクササイズを紹介しましょう。
特別な道具や広い場所なども必要ないので、毎日、気軽に続けられますよ。

◎肩甲骨をほぐすエクササイズその1

背骨の可動性(背骨がどれくらい自由に動くか)と深い関係にある肩甲骨。
この肩甲骨をさまざまな方向に動かしていくエクササイズです。
コチコチに凝り固まった背中の筋肉(背骨についている筋肉)をほぐす効果があり、背骨を正しい状態に整えることができます

①まず、脚を腰幅よりやや広めに開いて立ちます。
②息を吸いながら、両手を頭上に向かって突き上げます。
③息を吐きながら身体を右に倒す→息を吸いながら正面に戻る→息を吐きながら左に倒す
※左右に倒すとき、下半身がつられて動かないように注意することがポイントです。

◎肩甲骨をほぐすエクササイズその2

肩甲骨の外転と内転の運動です。
肩甲骨を前に向かってすべらせるように動かします。
背中を意識的に丸めることによって、縮こまりやすい胸椎の可動性を高めることができます

①脚を腰幅より少し広めに開いて立ち、両手を胸の前で組みます。
②息を吐きながら胸を後ろに押し出し、背中を丸めます。
このとき、肩甲骨を前にすべらせるのがポイント
③息を吸いながら身体を起こします。
④息を吐きながら右肘を後ろに引き、上半身も右側に回旋→息を吸いながら正面に戻す→息を吐きながら左側に回旋
※反対側の膝を曲げると、スムーズに身体をねじることができます。

◎肩甲骨をほぐすエクササイズその3

今度は肩甲骨を内側に寄せることで、丸まっている背骨を伸展することができるエクササイズです。
「呼吸と肩甲骨、肋骨を連動させること」で、縮こまっていた胸が気持ちよく開きます。

①脚を腰幅に開いて立ち、お尻の後ろで手を組みます。
②息を吸いながら肩甲骨を内側に寄せ、両手を上げられるところまで引き上げます。
※手を上げることより、「肩甲骨を寄せ合うこと」を意識しましょう。
③息を吐きながら手を下ろし、正面に戻ります。
④息を吸い、吐きながら肩甲骨を下ろせるところまで引き下ろします。
※このとき、お腹が前に出てしまうと肩甲骨をうまく動かせないので、床に対して尾骨を突き刺すようなイメージで、骨盤をまっすぐ立てておくことがポイントです。

内容が似ている記事
おすすめキーワード
カテゴリ
熟睡に誘導してくれる整体院
人気記事ランキング
けんこう枕 寝ると疲れが取れ 快眠 熟睡 整体 健康な生活がおくれる まくら