健康に良い、本当の『良眠』へご案内するニュースサイト

ご紹介クーポンお持ちの方はこちら

ご優待します
Category疲れがたまらない姿勢
疲れがたまらない姿勢さまざまな身体の不調を改善するセルフマッサージとは?

499_38112478_XS.jpg頑固な肩こりや腰痛は、日常生活に支障があるだけではなく、精神的にも辛いものですよね。
もう痛みやこりに慣れっこになってしまった、なんていう人もいますが、そもそも、腰痛や肩こりは背骨の老化が原因です。
つまり、腰痛や肩こりなどの不調と、背骨との関係を知り、固まった筋肉を揉みほぐしたり、ツボを押すなどのセルフケアが重要になってくるのですね。

◎背骨のトラブルが身体の不調の原因に

たとえば、頭が前に出た悪い姿勢を長く続けていると、首まわりの筋肉に負担がかかり、肩こりを招きます。
また、胸椎の可動性が落ちてくると、自律神経に影響が出て、咳や鼻水といったアレルギー症状が出たり、腰椎の歪みが便秘につながることもあります。
このように、ちょっとした背骨のトラブルが、さまざまな身体の不調の原因になっていることが多いのですね。

◎不調改善にマッサージが効果をあげる理由

たとえば肩こりの場合をみてみましょう。
頭が前に出て、背中が丸まった姿勢によって、頭を支えようと胸鎖乳突筋に負担がかかります。
それによって肩こりが発生しているのですね。
つまり、胸鎖乳突筋マッサージで筋肉を直接刺激すると、筋肉がやわらかくなり、形も変わってきて、本来の力を取り戻すことができます。
こうして筋肉がきちんと働くようになれば、頭が後方に下がりますね。
これにより姿勢がよくなり、周囲の筋肉への負担が解消されるため、肩こりがやわらぐというわけです。

触ったとき、痛みがある場所はこったり、老廃物が溜まっている証拠です。
マッサージは、ストレッチでは伸ばしきれない筋膜や筋肉をもむことで、本来の働きを取り戻す上で、効果が期待できます。
筋肉や内臓の状態が改善されれば、背骨も健康になり、姿勢もよくなって、気持ちも前向きに。
実際、セルフマッサージを行ったことで、「肩が軽くなった」「呼吸が楽になった」「気分がすっきりした」などという声が多く聞かれます。
無理して姿勢をよくしようとしなくても、頭や肩が自然に正しい位置になれば、過剰な筋肉の緊張や疲労を防ぐことができるのですね。

◎誰にでも簡単にできるセルフマッサージを行うときの注意点

セルフマッサージは誰にでも簡単にできるものですが、気をつけなくてはいけないこともいくつかありますので、チェックしておいてくださいね。

①痛みが強い部分はもみ返しが起こる可能性があるので、無理に行わないようにしましょう。
②指定された回数を目安にし、長時間刺激し続けないようにしましょう。
③血行がよくなることで気分が悪くなったりすることがあるので、不快な症状が出たら、すぐにマッサージを中止して休んでください。

内容が似ている記事
おすすめキーワード
カテゴリ
熟睡に誘導してくれる整体院
人気記事ランキング
けんこう枕 寝ると疲れが取れ 快眠 熟睡 整体 健康な生活がおくれる まくら