健康に良い、本当の『良眠』へご案内するニュースサイト

ご紹介クーポンお持ちの方はこちら

ご優待します
Category疲れがたまらない姿勢
疲れがたまらない姿勢セルフマッサージで不調を改善〈腰椎・仙骨編〉①腰痛の原因はお尻や太ももの筋肉の不調

L20_81688964_XS.jpg

腰痛の原因といえば、かつては椎間板が潰れるといった変形によって起こるとされていましたが、実はそれだけではないようです。

◎不良姿勢、間違った動作が腰痛の引き金に

専門家の所見でもはっきりわからないような慢性的な腰痛の主な原因には、心理的な不調、不良姿勢や間違った動作が引き金となって起こるお尻の筋肉の緊張などが指摘されるようになりました。
腰は周りの筋肉がサポートしてくれるのが理想ですが、これらの筋肉がこわばっていると腰椎に負担がかかり、痛みが発生するんです。

また、デスクワークなどで悪い姿勢で座り続けていると、太ももの筋肉も硬くなり、骨盤を歪ませてしまいます。
さらに、腰椎や骨盤が歪み、骨盤内での腸の働きが弱まって、便秘や痔などの症状を悪化させてしまうこともあるというから、あなどれませんね。

そこで今回、腰痛を和らげ、解消してくれるセルフマッサージを紹介します。

◎後頭部マッサージで背中の筋肉をほぐし、腰痛を改善

後頭部(後頭下筋群)をマッサージすると、背中の筋肉がほぐれ、背骨の負担が減るので腰痛の改善につながります。

〈後頭部マッサージ〉
①後頭部のくぼみに沿って両手の指先をあて、左右に隆起している筋肉を感じましょう。
②頭を後ろに倒し、頭の重さを使って持続的に圧をかけます。
※椅子の背もたれを利用するとやりやすいですよ。

◎仙骨調整

仙骨は腰椎と連携し、身体のバランスをとっている部分です。
仙骨が前に傾いている人ほど、腰椎とのカーブが大きくなり、反り腰になりやすいようです。

〈仙骨調整〉
①右側を下にして横向きに寝て、頭の下に丸めたタオルを入れて枕にします。
②仙骨に手の付け根をあて、上下にゆするようにして持続的に圧をかけます。
※繊細な部位なので強く刺激しすぎないように気をつけましょう。

◎足首、かかと、足裏のマッサージ

足首は腰とつながっていると考えられており、身体の土台でもあるので背骨への影響が大きいところです。

〈足首・かかとマッサージ〉
①くるぶしの上に両手の親指をあて、気持ちよい範囲で圧をかけます。
②かかとを挟むように手をあて、骨をマッサージするように圧をかけます。
※かかとに痛みがある場合、同じ側に腰痛がある可能性も考えられます。

〈足裏マッサージ〉
①足裏の中心あたりに両手の親指をあてます。
②息を吐きながら3秒間圧をかけ、1秒休むを5〜10回ほど繰り返します。
※腰痛を感じる側にとくに痛みや硬さを感じたら、そちらを多めにマッサージしてみましょう。

内容が似ている記事
おすすめキーワード
カテゴリ
熟睡に誘導してくれる整体院
人気記事ランキング
けんこう枕 寝ると疲れが取れ 快眠 熟睡 整体 健康な生活がおくれる まくら