健康に良い、本当の『良眠』へご案内するニュースサイト

ご紹介クーポンお持ちの方はこちら

ご優待します
Categoryその他健康・美容
その他健康・美容老化知らずの食のポイントは「空腹感」と「筋肉を増やすこと」

O3_114828160_XS.jpg

老化を防ぐ、老化のスピードを抑えるためには、どんなことが必要だと思いますか?
まず第一に大切なのは、やはり毎日の食事です。
みなさんはどんな食生活を送っていますか?
老化知らずの食があるとすれば、それはどんなことなのでしょうか。

◎本当にお腹が空いたら食べる

みなさんは、ちょっとお腹が空いたといっては、何か食べるものはないかなと探して、無意識に口にしていることはありませんか?
常に何かを口にして、お腹を消化のために使っているという状態は、カロリーの摂りすぎで脂肪がたまるばかり。
体内の老化も進めてしまいます。

大切なのは「空腹感」
お腹がグウグウ鳴るくらい、しっかりと空腹感を感じてください。
空腹を感じることには、次のようなメリットがあることが、最新の研究によってわかっています。

長寿遺伝子を活性化させる
空腹の時間がある程度続くと、長寿遺伝子(サーチュイン)が活性化します。
この遺伝子は、飢餓感を感じたときに活動を始め、老化やがんなどの原因になる活性酸素の害から、私たちの細胞を守ってくれます。

細胞内の不要物の回収作業を進める
代謝の過程で生まれる細胞内のゴミを処理する、オートファジーという働きが高まります。
年齢とともに発症リスクが高くなるがん、加齢性白内障などのリスクを下げる効果も期待できます。

成長ホルモンの分泌が増える
傷んだ肌や筋肉、骨などを修復してくれる成長ホルモンの分泌もアップ。
脂肪の燃焼を促進し、免疫力も高めてくれる大切なホルモンです。

空腹時以外に食事をとるのは老化を早める、ということをしっかり覚えておいてくださいね。

◎食事制限より筋肉を増やすこと

体重計に乗っては一喜一憂、とにかく体重を減らさなければと、食事を減らすダイエットをしている人はいませんか?
でも、そのやり方では痩せられないし、老化を防ぐこともできません。

痩せて栄養状態がよくない人は、疲れやすく、常にイライラしており、骨粗しょう症や不妊のリスクも増えてしまいます

食事を減らすことで体重を落とすと、体を若々しく保つために必要な筋肉量まで落ちてしまいます。
筋肉が減ると基礎代謝量が低下し、エネルギーを燃焼しにくく、リバウンドしやすい体になってしまうのですから、逆効果ですよね。

大切なのは、食事を減らして体重を落とすことではなく、筋肉を増やして体を活動的にすること
これこそが若々しさへの近道です。

内容が似ている記事
おすすめキーワード
カテゴリ
熟睡に誘導してくれる整体院
人気記事ランキング
けんこう枕 寝ると疲れが取れ 快眠 熟睡 整体 健康な生活がおくれる まくら