健康に良い、本当の『良眠』へご案内するニュースサイト

ご紹介クーポンお持ちの方はこちら

ご優待します
Categoryその他健康・美容
その他健康・美容納豆、味噌などの発酵食品のある食生活が脳を元気に

O12_32088284_XS.jpg

いつまでも元気で、若々しくいたいというのは体だけではなく、心や脳も同じですよね。
そこで今回は、脳を元気にしてくれる「発酵食品」を取り上げてみました。

◎毎日の食卓に発酵食品を取り入れよう

納豆、味噌、ぬか漬け、ヨーグルトといった発酵食品。
これらはぜひ毎日とってほしい食材です。
一日のうち、どれかひとつでも食べたかどうか、振り返る習慣をつくるといいですね。
とくに女性の味方である大豆には、大豆イソフラボンや、大豆タンパク、大豆レシチンなどさまざまな健康成分が豊富に含まれています。

しかし、大豆そのものは消化吸収率があまりよくないので、これらの栄養素をしっかり体の中で働かせるためには、みそや納豆など発酵したものをとるのがおすすめです。

また、おばあちゃんやお母さんが漬けてくれるぬか漬けは、乳酸菌に加え、食物繊維を一緒にとることができる優れた食品です。
腸を元気にしておくことが、ストレスに強い心と体をつくる上でも大切なことなんですね。

◎味噌や納豆が脳に効く理由

日本人の食生活もずいぶん変わってきてはいるものの、やはり和食は優れた健康食。
その理由は、発酵食品をふんだんに摂れることでしょう。
味噌や醤油、納豆、鰹節などは、今も私たちの食卓に欠かせない食材ですね。

これらの材料となる大豆には、更年期症状を緩和し、肌や血管の老化を抑える大豆イソフラボンや、内臓脂肪の蓄積を抑える大豆タンパクがたっぷり含まれています
日本人の乳がん罹患率や女性の更年期症状の程度が、欧米などに比べて低いのは、女性ホルモンのエストロゲンのように働く、大豆イソフラボンの効果ではないかともいわれています。

さらに注目してほしいのが、脳に対する効果です。
大豆の脂質に含まれる大豆レシチンは、体内に吸収されると、脳の情報伝達を行う神経細胞の大切な材料になっています
年齢を重ねるにつれて低下する記憶力や学習能力を改善し、脳も体と同じように、若々しく維持してくれる効果があるのです。

そんな大豆の効果をより高めてくれるのが、味噌や納豆などの大豆発酵食品です。
発酵させることで、より吸収されやすい形になっています
納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」は、血栓をつくりにくくする働きも。
また、納豆菌は腸まで届き、善玉菌の敵である活性酸素を消去したり、善玉菌のエサをつくり出したりと、腸内の環境を整えてくれる働き者。
ぜひ、毎日食べたい食品ですね。

内容が似ている記事
おすすめキーワード
カテゴリ
熟睡に誘導してくれる整体院
人気記事ランキング
けんこう枕 寝ると疲れが取れ 快眠 熟睡 整体 健康な生活がおくれる まくら