健康に良い、本当の『良眠』へご案内するニュースサイト

ご紹介クーポンお持ちの方はこちら

ご優待します
Categoryその他健康・美容
その他健康・美容腸内環境をいい状態に保って全身のアンチエイジングを!

O13_114745374_XS.jpg

アンチエイジングでもっとも注目されているのが「腸内環境」。
腸は最大の消化器官であり、病気やさまざまな炎症と戦う免疫力をつかさどる臓器です。
今回のテーマは、「腸を元気に保ってアンチエイジング」。
みなさんの腸は元気ですか?

◎腸が元気な人は心も元気!

腸は「第二の脳」ともいわれ、多くの神経細胞が分布しています。
そのため、気分や精神状態にも大きな影響を与えているということがわかってきています。

たとえば、慢性的に腸の状態が悪い人は、精神面でも不安を抱えることが多いのですね。
また、下痢や便秘、お腹の張りといった症状が頻繁に起こる「過敏性腸症候群」の人の約8割が、不安やうちに悩まされているといわれます。

精神の安定をつかさどる神経伝達物質、セロトニンの95%は腸内細菌によってつくられていること。
また、腸内では脳と同じくらいの約40種類の神経伝達物質が合成されていること。
以上のことを考えると、まさに感情は腸から生み出されているといっても過言ではありません。

日本には、昔から「腹をくくる」とか「彼は腹がすわっている」という表現があり、英語でも、消化管を意味する「gut」は「勇気・根性」といった意味があります。
まさに、ガッツ!はお腹からというわけですね。

◎便秘はアンチエイジングの大敵

腸が健康に機能していれば、食べたものは16時間以内に排泄されるのが、正常な腸のリズムです。
目安は、一日1回、バナナ状のお通じがあること。
この状態を続けられるように、腸のコンディションを整えることを意識しましょう。

腸内の環境の乱れは、口臭の変化でわかります
便秘になると老廃物が大腸から血液中に再吸収され、呼気から排泄されるためです。
また、お腹が張ったり、おならや便のニオイが強くなるのは、腸内細菌がバランスを崩し、悪玉菌が増えているサインなので、要注意です。

便秘を放置していると、大腸内に長く便が停滞。
便に含まれる発がん性物質と腸の粘膜が長時間接触することにより、大腸がんのリスクが高くなります
また、老廃物が滞ることで、全身の代謝が低下して太りやすくなったり、肌荒れなどの皮膚トラブルが長引くこともあります。

便秘予防には、善玉菌を含む発酵食と、善玉菌のエサになる食物繊維を同時にとることが大切
ぬか漬け、ヨーグルトとフルーツなどがおすすめですよ。

内容が似ている記事
おすすめキーワード
カテゴリ
熟睡に誘導してくれる整体院
人気記事ランキング
けんこう枕 寝ると疲れが取れ 快眠 熟睡 整体 健康な生活がおくれる まくら