健康に良い、本当の『良眠』へご案内するニュースサイト

ご紹介クーポンお持ちの方はこちら

ご優待します
Category正しい睡眠のとり方
正しい睡眠のとり方なんだか不安で寝つきも悪いなら、睡眠の質を高めて心のメンテナンスを。

Fotolia_124448619_XS.jpg

子供が巣立ったり、仕事の多忙な時期が終わると、生活リズムも変わってきますよね。
せわしなくしていたころに比べて、考える時間も増えるからか、不安が増すこともあります。
そんなときは、心地よい睡眠をとることで、生活に落ち着きを取り戻せるかもしれません

◎睡眠と心の関係

睡眠には、身体の回復機能があるという感覚は持っている方も多いと思いますが、実は心の回復機能もあるのです。
なんだか憂鬱、不安だなと気分がすぐれない夜に、一晩寝て朝になってみると少しすっきりしていたという経験はありませんか?
心の不調から回復する方法は、運動や会話による気分転換だけではありません。
ただ「眠る」ということもその一つなのです。

しかも、夜に感じていた憂鬱な気持ちが朝起きたら少し軽くなっていた、という実感を持つことで、さらに気持ちが軽くなります。
寝れば少しは楽になれるという感覚が、憂鬱でも眠ればいいかという安心材料になるということです。
そして逆に、不眠が続いたり、不眠を強く意識している状況だと、体の回復機能が十分に働かず、疲れやすくなったり憂鬱になることもあります。

◎眠りたいけど眠れない、というときは?

気持ちよく眠れば朝はすっきりできる。
だから気持ちよく眠りたい!でも眠れない!といった悩みを抱えてしまうと、悪循環に陥ってしまいます。
眠らないと健康になれないという思い込みができると、眠らないといけないという焦りから眠れなくなってしまい、そしてさらに焦り・不安が増してしまうのです。

ではそんなときにどうやって悪循環を断ち切ればよいか?
眠れないと思ったら、いっそ思い切って布団から出てしまいましょう

焦れば焦るほど眠れなくなるもの。
それに1日ぐらい、深夜まで起きていて寝不足になったくらいで、体はどうってことありません。
眠れないなら、眠る以外で身体を休められることをすればいいのです。
落ち着く音楽を聴いたり、気持ちよく読める本を読んだり、ホットミルクをゆったり飲んでみたり。
そうしてリラックスしていけば、眠れなくても疲れはとれるし、いつのまにか自然に眠気がやってきますよ。

きっと朝目覚めれば、頭の中にあったもやもやも少しすっきりしているはず。
ぜひ実践してみてくださいね。

内容が似ている記事
おすすめキーワード
カテゴリ
熟睡に誘導してくれる整体院
人気記事ランキング
けんこう枕 寝ると疲れが取れ 快眠 熟睡 整体 健康な生活がおくれる まくら