健康に良い、本当の『良眠』へご案内するニュースサイト

ご紹介クーポンお持ちの方はこちら

ご優待します
Category正しい睡眠のとり方
正しい睡眠のとり方10代の頃とは違う。髪・肌の潤いを高めるための睡眠のすすめ

Fotolia_134809640_XS.jpg

いつまでもキレイでいたい!
そう考える女性は、髪や肌にも気を遣っていることでしょう。
様々なケアグッズやケア方法を試している、という方も多いのではないでしょうか。

また、最近では男性のスキンケアグッズもドラッグストアなどに数多く並んでいます。
実際関心のある男性も増えていると感じますし、「清潔感が感じられていい」という意見も多いようです。

ケアグッズなどにばかり目が行きがちですが、髪・肌の潤いをキープするためには、実は睡眠について考える必要もあります
しっかり睡眠をとり睡眠の質を高めることで、さらなる美肌・美髪を目指すことができるのです。
パサパサの髪の毛や荒れたお肌は、どうしても老けた印象や不潔な印象を与えてしまいがち。
ぜひ参考にしてくださいね。

◎睡眠が髪・肌にもたらす効果とは

ツヤのある髪とハリのある肌に必要なものは、ずばり「栄養」です
どんなに高価な化粧水を塗布しても、髪・肌を作るためのタンパク質などの栄養がなければ美しい髪・肌は作られません。

栄養は血液に乗って体の隅々まで届けられます。
従って、血行が悪くなると栄養が満足に行き渡らなくなってしまいます。
血行不良には体の冷えなど様々な原因がありますが、「睡眠不足」もその一つです。
自律神経が乱れることにより、血液の流れが悪くなってしまいます。

また、髪や肌へのダメージは、睡眠中に修復が行われます。
睡眠時間が少なくなったり、睡眠の質が悪くなってしまうと、修復機能が上手く働かなくなり、切れ毛や抜け毛、肌荒れにつながってしまうのです。

大事なものは睡眠の量と質、両方です
しっかりたっぷり寝ることを心がけたいですね。

◎美髪・美肌を保つ最低睡眠時間は?

睡眠不足は髪・肌の大敵。
では、具体的に何時間ぐらい眠れば滞りなく修復が行われるのでしょうか?

人は、睡眠中に肌・髪の他にも体全体の修復を行います。
しかしそれは就寝してすぐに始まるものではありません。

体の修復機能を働かせるために必要な成長ホルモンの分泌は、就寝後3時間後にピークを迎えると言われています。
分泌された成長ホルモンは体全体の細胞の分裂を促し、新しい細胞を生み出します。
その細胞分裂が終わる時間は、大体就寝後6時間と言われているため、肌・髪の美しさを保つには最低でも6時間の睡眠時間が必要だと考えられています
床についてすぐに眠りにつける、という人は少ないと思いますので、余裕を見て7時間程度は確保しておきたいところですね。

もちろんこれは「質の良い睡眠」であることが大前提。
頻繁に目が覚めてしまったり、眠りが浅い状態が続いたりしている睡眠では、成長ホルモンの分泌量が減ってしまいます。
スマホやパソコンなどの強い光を避けたり、部屋の電気も予め暗めにしておいたりなど、寝る前は脳がリラックスした状態で眠りにつけるように過ごすことも大切です

内容が似ている記事
おすすめキーワード
カテゴリ
熟睡に誘導してくれる整体院
人気記事ランキング
けんこう枕 寝ると疲れが取れ 快眠 熟睡 整体 健康な生活がおくれる まくら