健康に良い、本当の『良眠』へご案内するニュースサイト

ご紹介クーポンお持ちの方はこちら

ご優待します
Category正しい睡眠のとり方
正しい睡眠のとり方筋肉を鍛えるために気をつけた方がいい睡眠のポイントとは?

Fotolia_108081264_XS.jpg

スポーツ系の部活やサークルなどに所属していて、「もっと活躍したい!」と考えている人は多いはず。
活動時間外の練習や筋トレに励んでいる人もいるのではないでしょうか。
筋肉の増強には練習や筋トレの内容も重要ですが、実は「睡眠」もとても大事な要素です。
そこで今回は、筋肉をつける際に気をつけたい睡眠のポイントについてお話しします。

◎なぜ睡眠が重要なのか

睡眠は疲れた体を休息させる効果を持っているため、重要なのは当然だと思われるでしょう。
しかしその効果だけでなく、休息と同じぐらい重要な別の働きもあるのです。

それは、「筋肉の増強」。
実は筋肉は、睡眠中に成長します。

筋肉が鍛えられる仕組みをご説明しましょう。
運動や筋トレを行うと、筋肉の細胞に傷ができます。
もちろん出血などは伴わない微細な傷ではありますが、傷を修復する際に、以前より強い筋肉を作ろうとする力が働きます。
その力が正常に働けば、筋肉の増強につながるのです。

傷の修復は、睡眠中に行われます。
つまりきちんと睡眠時間をとらないと、どんなに筋肉を鍛えるトレーニングや練習を行っても効果が薄くなってしまうのです
睡眠不足は筋肉の大敵、と覚えておいてください。

また、睡眠の質について考えることも重要です。
眠りの質が低下すると、細胞の修復を促す「成長ホルモン」が分泌されにくくなります。
では睡眠の質をよくするためにはどうすればいいのでしょうか。

◎寝る前はリラックスしよう

睡眠の質には様々な要素が絡み合っています。
その中で、今日からでも始められるのが、「体をリラックスさせた状態で眠りにつくこと」です。

運動や筋トレをくたくたになるまでやれば、すぐにころっと寝られる、と考えている人もいるかもしれません。
しかし、寝る直前に激しい運動や筋トレを行うことは厳禁
なぜなら、運動を行うことにより交感神経が優位になり、体が緊張状態に陥ってしまうからです。
心地よく眠るためにはリラックスしている時に働く副交感神経を優位にしなければなりません。

では寝る前にリラックスするためにはどうすればよいのでしょうか?
いくつかの方法がありますが、一つは「ストレッチを行うこと」です。

激しい運動をした後に、クールダウンのストレッチを行っている人は多いと思います。
そのストレッチを、寝る前にも行ってみましょう。
体温が上がるほどの運動は良質な睡眠を阻害しますが、軽く汗ばむ程度の運動であれば副交感神経を優位にすることができます

他にも寝る前は明かりを暗くしたり、ゆったりとした音楽を聴いたり、自分に合った方法が必ずあるはず。
「リラックスできている」と感じられるものを、ぜひ探してみてくださいね。

内容が似ている記事
おすすめキーワード
カテゴリ
熟睡に誘導してくれる整体院
人気記事ランキング
けんこう枕 寝ると疲れが取れ 快眠 熟睡 整体 健康な生活がおくれる まくら