健康に良い、本当の『良眠』へご案内するニュースサイト

ご紹介クーポンお持ちの方はこちら

ご優待します
Category正しい睡眠のとり方
正しい睡眠のとり方産後の骨盤調整ができる体操とは

Fotolia_124317516_XS.jpg

出産を終え子育てが始まると、どうしても自分の体のことは二の次になってしまいがちです。
しかし産後の体は非常にデリケートな上、お産を経験してゆがんだ骨盤は、矯正をしないとそのままゆがみっぱなしになってしまいます。
もちろんママの体調と相談しながら進めていかなければなりませんが、骨盤調整は産後すぐから始めることができます。
今回は、産後の骨盤の変化と骨盤調整のための効果的な体操についてお話しします。

◎骨盤のゆがみが及ぼす影響とは

産道を赤ちゃんが通るというのは、非常にママの体に負担がかかることです。
できるだけママの体にも、赤ちゃんの体にも危険が及ばないよう、骨盤は赤ちゃんが通りやすいように変形します。
出産を終えた後は、ある程度元に戻ろうとする力が働きますが、意識して調整をしなければ完全に元に戻ることは難しいと言われています。

ゆがんだ骨盤は、ママの体にさまざまな悪影響を及ぼします。
代表的な例が、腰やお尻、脚の付け根などの痛みです。
特に通常であれば体の正面でくっついている「恥骨結合」が離れてしまうと、歩くのが辛いなど、日常生活にまで支障をきたす恐れがあります。
そうなると育児もままなりませんよね。

また、出産を経験すると「骨盤底筋」という筋肉にもゆるみが生じます。
骨盤底筋がゆるむと、子宮や膀胱などが下がってしまい、内臓トラブルを引き起こすことがあります。
例えば尿もれや便秘などの排泄に関するトラブルや、子宮が体の外に飛び出してしまう「子宮脱」など、その症状はさまざま。
それらのトラブルも、骨盤のゆがみを調整し支えるようにしてあげることで解決することができるのです。

他にも、骨盤のゆがみは血行不良を引き起こすため、痩せにくくなる、太りやすくなるという弊害もあります。
いつまでもキレイなママでいるためにも、骨盤の調整は重要なのですね。

◎産後すぐから始められる体操

とはいえ、毎日忙しいママにとって、骨盤調整のために時間を長くとるのは非常に難しいこと。
家事の合間にできたり、あまり時間をとらなかったりする体操で矯正したいですよね。
そこで、スキマ時間に気軽にできる体操をご紹介します。

・腰を回す体操
①脚を肩幅ぐらいに開く
②手を腰に当て、2~3回ゆっくりと腰を回す
③同様に、反対方向に2~3回ゆっくりと腰を回す
できるだけゆっくりと、大きく回すことがポイントです。
もし回しづらい方向があれば、それは骨盤がゆがんでいる証拠
根気強く続けていけば左右均等になっていきます。

・骨盤の前後のバランスを調整する体操
①座って脚を組んでみて、組みやすい方の脚を確認する
②脚を揃えて立つ
③組みやすい方の脚を2歩前に真っ直ぐに出す
④仙骨(腰骨の下にある骨)に両手を添え、お尻を後ろに突き出しながら前に出した方の膝を曲げる
⑤お尻を後ろに突き出したまま、5秒キープ。
お尻を突き出す時に、腰が反らないように注意してください
体調と相談しながら、ゆっくりと5回繰り返しましょう。

これらの体操を産後1ヶ月ぐらいまでには始められると効果的です。
ただ、体力が回復しきっていないうちは無理をせず、少しでも体を休めること、睡眠をとることを優先してくださいね。

内容が似ている記事
おすすめキーワード
カテゴリ
熟睡に誘導してくれる整体院
人気記事ランキング
けんこう枕 寝ると疲れが取れ 快眠 熟睡 整体 健康な生活がおくれる まくら