タグ「健康維持」が付けられているもの

健康維持に欠かせない呼吸と背骨の深い関係

健康維持に欠かせない呼吸と背骨の深い関係

私たちは毎日の生活の中で、ほとんど意識せずに呼吸をしていていますが、実は呼吸こそが健康を維持する上で、とても大切なものだと知っていますか?心身ともに健康で、どこにも不調を感じていないときには、呼吸の大切さを感じることもあまりないものです。し...
理想の睡眠時間と上手なお昼寝のススメ

理想の睡眠時間と上手なお昼寝のススメ

睡眠をたっぷりとらないと、疲れがとれないし、お肌にもよくない。しかし、ただ長時間眠ればいいものではなく、個々に適切な睡眠時間があります。 日本人の平均的な睡眠時間は、平日が7時間22分、土曜日が7時間47分、日曜日で8時間14分という調査...
体内の水(体液)の流れがよくなると何がいいの?

体内の水(体液)の流れがよくなると何がいいの?

私たちの身体の中を流れている水、それが「体液」です。身体の中を流れていると聞いて、すぐに思い浮かぶのが血液ですね。血液の流れが滞ると、さまざまな健康障害、病気を引き起こしやすいということは、みなさんもよくご存知ではないかと思います。 血液...
健康のために重要な体液①血管系&リンパ系

健康のために重要な体液①血管系&リンパ系

食べて、寝て、排泄して。この繰り返しがスムーズに行われることで、私たちは日々、生命活動を行っています。そこで重要な役割と果たしているのが、体液です。 ◎健康維持に欠かせない、3つの重要な体液=循環系 鼻水やよだれ、涙、汗なども体液に含まれ...
「寝る子は育つ」の言葉が意味するレム睡眠とノンレム睡眠の関係

「寝る子は育つ」の言葉が意味するレム睡眠とノンレム睡眠の関係

睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠の2種類があることは、すでに多くの人が知っているのではないかと思いますが、改めてそれぞれの睡眠について、確認をしておきましょう。 レム(REM)は、Rapid Eye Movementの略で、レム睡眠の間は...
美しく健康で前向きな人生は「質のよい睡眠」でつくられる

美しく健康で前向きな人生は「質のよい睡眠」でつくられる

24時間、眠らずにいられたら、もっといろいろなことができるのに...忙しい現代社会で生きる私たちは、ついそんなことを考えてしまうこともありますね。 しかし、眠ることを疎かにしては、充実した人生は送れないんですよね。 人間が眠るのは、日中活...
今日から朝型。心地よく目覚める方法① 朝は太陽光を浴びて頭スッキリ

今日から朝型。心地よく目覚める方法① 朝は太陽光を浴びて頭スッキリ

スムーズに眠りにつけてますか?もしそうであれば更に、「朝のつらさ」克服に動き出しちゃいましょう。 今回から4回に分けて、心地よく目覚める方法を紹介します。 (2回目はコチラ、3回目はコチラ、4回目はコチラ) 日常的に寝酒をしている、体質的...
いい睡眠をとれば人生は数倍楽しくなる

いい睡眠をとれば人生は数倍楽しくなる

眠ること、起きること。それは人間の自然な行動です。でも、眠ることには悩みがなくとも、どうしても朝がつらいという人がいるんですね。睡眠時間の長短に関係なく、とにかく毎朝つらいという人もいるでしょう。忙しい現代社会に生きているからこそ、眠りに...
成功者はみな朝型人間って本当?

成功者はみな朝型人間って本当?

早起きの習慣は、日本に古くからありました。 夜明けとともに起き、夜は星を観るまで仕事をする。太陽と一緒に行動し、一日24時間を有効活用していたということですね。 また、「早起きは三文の得」ということわざもよく知られていますね。早起きは健康...
自分の睡眠のタイプを知ることから始めよう

自分の睡眠のタイプを知ることから始めよう

朝がつらいという状態を抜け出し、毎日気分よく過ごすことと「睡眠」は、とても深い関係にあります。 人間が快適に生活を送るためには、身体と精神が秩序正しく機能していることが必要です。そのためにはどうすればいいのか。いちばん簡単な方法は、質のい...
朝に弱い人たちにはこんな共通点があった!

朝に弱い人たちにはこんな共通点があった!

夜明けと共に起き、陽が沈んだら寝る。人間の睡眠は、本来、そういう自然のサイクルとともにありました。 ところが現代は、どうでしょう。夜になっても、仕事や遊びで遅くまで起きている人がいます。昼と夜が逆転してしまっている人も多いですよね。 ●学...
知っておきたい、活性酸素を発生させる電磁波の害

知っておきたい、活性酸素を発生させる電磁波の害

私たちは日々、さまざまな家電製品に囲まれて暮らしています。それらの家電製品から出ているのが、電磁波です。 電磁波は、老化をうながす活性酸素を発生させるもののひとつ。家電製品のそばにいるだけで、電磁波の害を受け、老化が進んでしまうとしたら?...
きれいな空気の中で暮らすための知恵と工夫

きれいな空気の中で暮らすための知恵と工夫

普段、その存在すら自覚することがなく、当たり前のように暮らしていますが、空気は生きていくためにはもちろん、アンチエイジングを考えるときにも、ぜひとも目を向けてほしいものです。 人間が口に入れるものでいちばん多いものは、自分の家の空気なのだ...
オーラルケアこそが若々しさの最大のキーポイント

オーラルケアこそが若々しさの最大のキーポイント

よく噛むこと、唾液をたくさん出すことが若さへの近道です。そして、よく噛むためになくてなならないものが歯ですね。年齢とともに自分の歯で噛めなくなると、身体や心にも影響を及ぼします。80歳で20本の歯を維持しようという運動がありますが、そのた...
薬に頼る前に覚えておきたいナチュラルメディスン

薬に頼る前に覚えておきたいナチュラルメディスン

頭が痛い、お腹の調子が悪い、喉が痛いといった、日常生活の中で、割りとよく起こる身体の不調。そんなとき、ついつい薬のお世話になることも少なくないでしょう。 薬は自然治癒力をサポートするためにあるのですが、まるごと化学物質であり、作用も強く、...
日々使うものは安全・安心なものを選びたい

日々使うものは安全・安心なものを選びたい

入浴剤、ボディソープ、シャンプーなど毎日のように使うものは、肌への影響を考えて選びたいですね。 角質が厚い部分はバリアが強く、角質が弱い部分、たとえば目のまわりや唇、頬や首、頭皮や脇の下などは、バリアが壊れやすいところです。逆に足の裏など...
健康的なくびれは正しい姿勢で手に入れる

健康的なくびれは正しい姿勢で手に入れる

キュッとくびれたウエストは、若々しいボディの象徴でもありますね。20代までは、下腹もぺったんこで、ウエストも引き締まっていたはずなのに、30代から40代になる頃から、腹筋が弱くなりぽっこりお腹が気になってきあす。個人差はあるものの、若い頃...
若さの源「成長ホルモン」を増やすには?

若さの源「成長ホルモン」を増やすには?

私たちの筋肉は、努力しないでいれば、年齢とともに自然に減っていきます。減ってしまういちばんの原因は、筋肉をつくる成長ホルモンの分泌量が減ってしまうから。実は成長ホルモンの分泌のピークは15歳。20歳頃から、すでに減り始めて、50歳では20...
知って得する3つの老化防止サプリメント

知って得する3つの老化防止サプリメント

身体に必要な栄養素は、できるだけ毎日の食事からとりたいものですが、プラスケア的な意味で、サプリメントを取り入れるのも上手なアンチエイジングの一つです。今回は、注目の抗老化サブリメントをご紹介しましょう。 【水素】アンチエイジングの最大の的...
お酒と上手につきあってイキイキライフをエンジョイ

お酒と上手につきあってイキイキライフをエンジョイ

お酒は百薬の長とは、よく聞く言葉です。適度なアルコールが血流をよくしてくれることから、このようにいわれているのですが、では、適量のアルコールがどのくらいなのか、そこが難しいところですね。 身体にいいはずのお酒も、度を越せば一転、肝硬変やが...