タグ「整体」が付けられているもの

人間関係は、お互いの身体の癖が合う=心地のよさを感じやすく共鳴しやすい

人間関係は、お互いの身体の癖が合う=心地のよさを感じやすく共鳴しやすい

整体の本質は、無意識の共鳴作用を利用して、身体の芯からゆるめ、全身の響きをよくするというものです。静かに身体からの声を聞き、お互いの身体が心地よく響いてくるポイントをさぐる。具体的には、その人の骨盤のゆがみや癖を積極的に活かし、身体の力を引...
人間関係に表れる身体同士の共鳴と反応〜心身の健康に他人との距離感が重要ポイント

人間関係に表れる身体同士の共鳴と反応〜心身の健康に他人との距離感が重要ポイント

人の身体は互いに近づくと、無意識の反応が起こります。そのとき、共鳴作用がうまくいけばいいのですが、身体同士の反応が激しく、ぶつかり合うと、心身の健康を損ねる大きなストレスとなってしまいます。そこで無理に接し続けていれば、胃腸を壊したり、ひど...
呼吸の「呼」と「吸」の間を広げて身体が進むべき方向を見つける

呼吸の「呼」と「吸」の間を広げて身体が進むべき方向を見つける

整体とは、身体の共鳴をもとに、身体が自ら進むべき方向に向かうために行う、ほんのちょっとした手助けです。そのことがよくわかる例として、ある女性のお話をしましょう。 彼女は、子どもの頃からすぐ熱を出したり、疲れやすいといった虚弱体質でした。こう...
脚が重い、だるいと感じたら脚の気の流れをよくする

脚が重い、だるいと感じたら脚の気の流れをよくする

とくに激しい運動をしたわけでもないし、歩きすぎたというわけでもないのに、なんとなく脚がだるかったり、重く感じるということはありませんか。人は体調がいいときには、脚が軽く感じるものですが、病気だったり、不調なとき、たいてい脚が重いものなんです...
他者と響き合おうとする身体の作用を利用してエネルギーの満ちた健康体に

他者と響き合おうとする身体の作用を利用してエネルギーの満ちた健康体に

人間の身体は楽器のようなもの。ひとりで奏でるより、誰かと響き合う力を活かすほうが、うまくいったときには身体のエネルギーの流れがよくなり、より心地よく響き合うハーモニーが生まれます。私たちが日常生活の中で無意識にしている動きや反応には、すべて...
「ふれる」ことで自分の身体の気の流れに働きかけ、自然治癒力を高める

「ふれる」ことで自分の身体の気の流れに働きかけ、自然治癒力を高める

整体と聞いて誤解しがちなのが、ハンドパワーで「気」やエネルギーを注入するというイメージではないでしょうか。しかし、ふれるというのは、ハンドパワーでエネルギーを送るのでもないし、患部を刺激して血行をよくするマッサージのようなものとも違います。...
無意識のしぐさ・運動を手助けし、身体の癖を活かす整体法とは?

無意識のしぐさ・運動を手助けし、身体の癖を活かす整体法とは?

私たちが無意識に行っているしぐさや運動などは、身体の自己調整機能です。リラックスして、深くゆったりした呼吸ができてはじめて、身体のエネルギーの流れがよくなります。そうすると、体内のあらゆる臓器がきちんと機能し、全身に力がよみがえってくるんで...
心のトラウマパターン①

心のトラウマパターン①

こんにちは、小田切まあいです! 何回かにわたって内臓と感情の関連性についてお話しています。早速ですが、はっきりいってしまうと、体を整えるのは簡単なんです。ゆがみを整えたり、疲労の原因となっているところを正せば体はしゃん!と瞬時に立ち直りま...