タグ「熟睡・睡眠の質」が付けられているもの

理想の睡眠時間と上手なお昼寝のススメ

理想の睡眠時間と上手なお昼寝のススメ

睡眠をたっぷりとらないと、疲れがとれないし、お肌にもよくない。しかし、ただ長時間眠ればいいものではなく、個々に適切な睡眠時間があります。 日本人の平均的な睡眠時間は、平日が7時間22分、土曜日が7時間47分、日曜日で8時間14分という調査...
今日から朝型。心地よく目覚める方法④ シャワーと朝食で頭をすっきりさせる

今日から朝型。心地よく目覚める方法④ シャワーと朝食で頭をすっきりさせる

何回かに分けている【心地よく目覚める方法】。今回は最終回の4回目です。 (1回目はコチラ、2回目はコチラ、3回目はコチラ) ⑤シャワー〜肌と脳に刺激を与える 朝起きたら、冷たい水で顔を洗う。これは頭をすっきりさせるにはぴったりで、快適な目...
今日からできるぐっすり眠れる熟睡テクニック⑥ 心地よく眠るための運動、自己暗示

今日からできるぐっすり眠れる熟睡テクニック⑥ 心地よく眠るための運動、自己暗示

何回かに分けている【おすすめ快眠テクニック】。今回は最終回の6回目です。(前回5回目はコチラ) ⑪運動〜軽い運動で体内温度を下げる 前回、ぬるめのお風呂が深部体温を下げてくれることをご紹介しましたが、軽めの運動も、その効果が期待できます。...
朝気持ちよく目覚められない人の10のタイプ、自分はどのタイプ?

朝気持ちよく目覚められない人の10のタイプ、自分はどのタイプ?

朝がつらい、起きられないといっても、その原因は人それぞれ。まずは原因を確かめ、自分に合った対策を立てるのも、近道かもしれませんね。 そこで、今回は、朝起きられない人のタイプを10パターンに分類しました。、思い当たることがあるかどうか、参考...
いい夢といい眠りとの不思議な関係

いい夢といい眠りとの不思議な関係

人はなぜ夢を見るのかについては、今も多くの研究者が、そのメカニズムの解明に取り組んでいます。 脳の中の眼球運動や視覚に関係する部分が興奮した結果、脳の貯蔵庫から偶然に映像が引き出され、自動的に連想することで生じる。これは、一つの説ですが、...
体内時計は24時間ではなく25時間周期で動いている

体内時計は24時間ではなく25時間周期で動いている

体内時計という言葉を聞いたことがある人も多いことでしょう。 睡眠のタイミングを調節する機構は、脳の視床下部にある体内時計が働くことにより、夜になれば自然に眠気を引き起こすようになっています。昼間に寝ようとしてもなかなか眠れなかったり、夜に...
「寝る子は育つ」の言葉が意味するレム睡眠とノンレム睡眠の関係

「寝る子は育つ」の言葉が意味するレム睡眠とノンレム睡眠の関係

睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠の2種類があることは、すでに多くの人が知っているのではないかと思いますが、改めてそれぞれの睡眠について、確認をしておきましょう。 レム(REM)は、Rapid Eye Movementの略で、レム睡眠の間は...
いい睡眠とは、長さより質! 寝すぎがNGな理由とは

いい睡眠とは、長さより質! 寝すぎがNGな理由とは

睡眠時間というのは、個人差はあるものの、平均して6〜8時間とされています。では、人間以外の動物はどうでしょうか。 牛や馬は2〜3時間と短いのですが、犬は12時間、ネズミや猫で13〜14時間、ナマケモノはなんと20時間も眠るのだそうです。ま...
美しく健康で前向きな人生は「質のよい睡眠」でつくられる

美しく健康で前向きな人生は「質のよい睡眠」でつくられる

24時間、眠らずにいられたら、もっといろいろなことができるのに...忙しい現代社会で生きる私たちは、ついそんなことを考えてしまうこともありますね。 しかし、眠ることを疎かにしては、充実した人生は送れないんですよね。 人間が眠るのは、日中活...
今日から朝型。心地よく目覚める方法③ 糖分補給で頭をすっきり

今日から朝型。心地よく目覚める方法③ 糖分補給で頭をすっきり

4回に分けている【心地よく目覚める方法】。今回は3回目です。 (1回目はコチラ、2回目はコチラ、4回目はコチラ) ③糖分〜脳にすばやく糖分補給 なかなか起きられない理由のひとつとして、低血圧のほかに、低血糖状態になっていることも考えられま...
今日から朝型。心地よく目覚める方法② 脳スッキリな簡単目覚め体操

今日から朝型。心地よく目覚める方法② 脳スッキリな簡単目覚め体操

何回かに分けている【心地よく目覚める方法】。今回は2回目です。 (1回目はコチラ、3回目はコチラ、4回目はコチラ) ②体操〜起きる目的をつくる 早朝の散歩やジョギング、軽いストレッチなどで、身体を動かすと、交感神経を活性化させ、体温を上げ...
今日から朝型。心地よく目覚める方法① 朝は太陽光を浴びて頭スッキリ

今日から朝型。心地よく目覚める方法① 朝は太陽光を浴びて頭スッキリ

スムーズに眠りにつけてますか?もしそうであれば更に、「朝のつらさ」克服に動き出しちゃいましょう。 今回から4回に分けて、心地よく目覚める方法を紹介します。 (2回目はコチラ、3回目はコチラ、4回目はコチラ) 日常的に寝酒をしている、体質的...
質の良い睡眠を確保するためにやりたいことの優先順位を決める

質の良い睡眠を確保するためにやりたいことの優先順位を決める

朝、なかなか起きられない、すっきり目覚めることができない。それはなぜなのでしょうか。質のよい睡眠を十分にとれていないことが、大きな原因の一つですが、では、なぜ十分な睡眠がとれていないのか。まずは、一日を振り返り、自分の生活パターンを分析し...
寝つきが悪いときはこんな「入眠儀式」がおすすめ

寝つきが悪いときはこんな「入眠儀式」がおすすめ

自分はどうも寝つきがよくなくてという人には、共通する傾向があるようです。仕事や人間関係など、誰にでも悩みごとはつきませんよね。いくら心配しても解決するわけではないのですが、つい考えてしまう...そうやって考え、悩んでいるうちに、寝そびれて...
今日からできるぐっすり眠れる熟睡テクニック⑤ テレビと入浴は方法次第で安眠の大敵に

今日からできるぐっすり眠れる熟睡テクニック⑤ テレビと入浴は方法次第で安眠の大敵に

何回かに分けている【おすすめ快眠テクニック】。今回は5回目です。(前回4回目はコチラ) ⑨テレビ〜テレビやパソコンは体内時計を狂わせる テレビやパソコンに熱中してしまい、つい夜ふかししてしまうことってありますよね。睡眠時間が減ってしまうの...
今日からできるぐっすり眠れる熟睡テクニック④ 眠つきがよくなる食品あれこれ

今日からできるぐっすり眠れる熟睡テクニック④ 眠つきがよくなる食品あれこれ

何回かに分けている【おすすめ快眠テクニック】。今回は4回目です。(前回3回目はコチラ) ⑦寝る3時間前は飲食厳禁? 寝る直前の食事はダイエットの大敵。胃腸への負担も大きいので、できるだけ避けたいものですね。 しかし、お腹がいっぱいになると...
今日からできるぐっすり眠れる熟睡テクニック③ 枕などの寝具と温度が睡眠を左右する

今日からできるぐっすり眠れる熟睡テクニック③ 枕などの寝具と温度が睡眠を左右する

何回かに分けている【おすすめ快眠テクニック】。今回は3回目です。(前回2回目はコチラ) ⑤寝具〜自分に合った布団や枕を選ぼう どんな寝具がいいのかは、個人差があるので一概に決められませんが、柔らかすぎる敷布団は身体が沈み込んでしまうので、...
今日からできるぐっすり眠れる熟睡テクニック② 子守歌と香りの効果

今日からできるぐっすり眠れる熟睡テクニック② 子守歌と香りの効果

何回かに分けている【おすすめ快眠テクニック】。今回は2回目です。(前回1回目はコチラ) ③音楽〜モーツァルトの子守唄で眠る どうしても眠れない夜もありますよね。そんなときは、寝なくてはと頑張らないほうがいいですよ。大事なのは、深い眠りに移...
今日からできるぐっすり眠れる熟睡テクニック① 明かり・音

今日からできるぐっすり眠れる熟睡テクニック① 明かり・音

スムーズに寝つき、質のい睡眠をとるために、今日から実践できる、「短く深く眠る方法」を数回に分けて、紹介したいと思います。 【おすすめ快眠テクニック】 ①照明〜寝る前に少し部屋を暗くしておく みなさんの寝室の照明は、明るさを調節できるタイプ...
寝つきがよいと睡眠の質もアップするし、記憶の整理もはかどって寝起きもよくなる

寝つきがよいと睡眠の質もアップするし、記憶の整理もはかどって寝起きもよくなる

朝がつらいという状態を脱出するには、質のいい睡眠を手に入れることが大切です。 では、質のいい睡眠を得るには何が必要なのでしょうか。 その答えは、「いかにして上手に眠りにつくか」つまり、寝つきのよさが関わってくるということです。布団に入って...