タグ「睡眠障害」が付けられているもの

さまざまな症状からわかる睡眠障害④レム睡眠行動異常症・概日リズム障害

さまざまな症状からわかる睡眠障害④レム睡眠行動異常症・概日リズム障害

睡眠中に起こるさまざまな症状「睡眠時随伴症」。夢遊病、夜尿症、寝言などはよく耳にするものではないかと思いますが、最近、注目を集めているのが「レム睡眠行動異常症」です。今回はこちらを取り上げて見ましょう。またあわせて、朝どうしても起きられな...
さまざまな症状からわかる睡眠障害③驚いたとき力が抜ける→ナルコレプシー

さまざまな症状からわかる睡眠障害③驚いたとき力が抜ける→ナルコレプシー

ナルコレプシーという病名を聞いたことはありますか?「いくら眠っても、毎日我慢できない眠気に襲われる」「びっくりしたり、大笑いしたとき、全身の力が抜けてしまう」こんな症状があったら、ナルコレプシーの疑いがありそうです。 ◎過眠症のひとつがナ...
さまざまな症状からわかる睡眠障害②脚の不快感で眠れない→むずむず脚症候群

さまざまな症状からわかる睡眠障害②脚の不快感で眠れない→むずむず脚症候群

眠れない理由にはいろいろなことがありますね。パソコンやスマートフォンなどを見続けたあと、すぐに寝つけないことがあります。仕事や勉強、家庭、人間関係など悩みごとがあり、あれこれ考えてしまって眠れないこともあるでしょう。夜型が習慣になっている...
さまざまな症状からわかる睡眠障害①絶えず眠気を感じる→睡眠時無呼吸症候群

さまざまな症状からわかる睡眠障害①絶えず眠気を感じる→睡眠時無呼吸症候群

あなたは、よい睡眠がとれていますか?自覚している人もしていない人も、睡眠に問題を抱える人のなかには、本格的な睡眠障害と診断される人も少なくないのが現実です。睡眠障害といっても、その病名、病態、原因はさまざま。また、多くの症状が存在するため...
アルコールと睡眠の関係〜お酒と上手につきあう方法

アルコールと睡眠の関係〜お酒と上手につきあう方法

お酒を飲むと眠くなるから、不眠気味のときにもお酒の力を借りよう。 そんなふうに考えている人、いませんか? でも、ちょっと待ってください。お酒を睡眠薬代わりに飲むというのは、大きな間違いです。 酔うほどお酒を飲まないと眠れないという人は、「...
シニア世代と睡眠障害〜受診することが改善への近道

シニア世代と睡眠障害〜受診することが改善への近道

シニア世代に多くみられる睡眠障害としては、不眠症、睡眠時無呼吸症候群、むずむず脚症候群、レム睡眠行動障害の4つが代表的なものです。 ◎シニア世代が悩みがちな睡眠障害 シニア世代が睡眠リズムが前にずれる睡眠相前進症候群になることも多いですが...
「閉塞性睡眠時無呼吸症候群」〜なりやすい人と治療法

「閉塞性睡眠時無呼吸症候群」〜なりやすい人と治療法

眠っている間に呼吸が止まる「閉塞性睡眠時無呼吸症候群」。睡眠障害や心臓血管の病気につながりやすく、放置しておくと危険な病気です。 ◎閉塞性睡眠時無呼吸症候群になりやすい人とは 閉塞性睡眠時無呼吸症候群を発症しやすい方の特徴としては、気道が...
睡眠障害のお悩み別対策④周期性四肢運動障害、レム睡眠行動障害、ナルコレプシー

睡眠障害のお悩み別対策④周期性四肢運動障害、レム睡眠行動障害、ナルコレプシー

睡眠障害のお悩みと対策方法。今回取り上げるのは、周期性四肢運動障害、レム睡眠行動障害、ナルコレプシーの3つです。 ①脚がピクピク動く「周期性四肢運動障害」 脚が20秒から40秒間隔で動く周期性四肢運動障害。ドーパミンという神経伝達物質の機...
睡眠障害のお悩み別対策③糖尿病、閉塞性睡眠時無呼吸症候群、むずむず脚症候群

睡眠障害のお悩み別対策③糖尿病、閉塞性睡眠時無呼吸症候群、むずむず脚症候群

睡眠障害のお悩み別の対策・解決法。今回は取り上げるのは、糖尿病、閉塞性睡眠時無呼吸症候群、むずむず脚症候群です。 ①不眠へとつながる「糖尿病」 糖尿病を患っている人は、健康な人に比べて、2倍以上不眠に悩んでいるといわれています。多くは、起...
睡眠障害のお悩み別対策②不規則型睡眠覚醒パターン/シフトワーカーのリズム障害/時差ボケ

睡眠障害のお悩み別対策②不規則型睡眠覚醒パターン/シフトワーカーのリズム障害/時差ボケ

睡眠障害のお悩み別の対策・解決法。今回は、不規則型睡眠覚醒パターン、シフトワーカーのリズム障害、時差ボケを取り上げてみたいと思います。 ①「不規則型睡眠覚醒パターン」の場合 毎日の睡眠が分断され、睡眠と覚醒のリズムが不規則になり、一日に3...
睡眠障害のお悩み別対策①睡眠相後退症候群/睡眠相前進症候群/非24時間睡眠覚醒症候群

睡眠障害のお悩み別対策①睡眠相後退症候群/睡眠相前進症候群/非24時間睡眠覚醒症候群

睡眠障害のお悩みはさまざま。そこで、睡眠障害のお悩み別の対策・解決法をご紹介したいと思います。今回取り上げるのは、睡眠相後退症候群、睡眠相前進症候群、非24時間睡眠覚醒症候群の3つです。 ①明け方眠る「睡眠相後退症候群」 夜型の人がさらに...
寝ている間に起こる6つの異常現象

寝ている間に起こる6つの異常現象

今回は、寝ている間に起こる異常現象についてみていきましょう。 ①閉塞性睡眠時無呼吸症候群 睡眠中に喉の筋肉が緩むことで、舌根が落ち込み気道をふさぐことによって起こる病気です。呼吸が止まるたびに目が覚めるので眠りが浅く、熟眠障害が起こったり...
規則正しい寝起きができなくなる「概日リズム睡眠障害」とは?

規則正しい寝起きができなくなる「概日リズム睡眠障害」とは?

寝起きする時間というのは、大体決まっているのが普通ですよね。睡眠、覚醒、体温の変化、心拍数の増減などの生理現象は、体内時計によって、24〜25時間周期で繰り返しているので、いつも同じ時間に眠くなり、同じ時間に起きているわけです。これが「概...
心当たりありませんか?症状からみる睡眠障害4つのタイプ

心当たりありませんか?症状からみる睡眠障害4つのタイプ

不眠症は睡眠障害のなかでも、もっとも一般的な病気ですが、医学的には症状により、大きく4つのタイプに分類することができます。(なお以下のタイプは複数同時に生じることもあります)。 <不眠の④タイプ> ①一番多い。なかなか寝つけない「入眠障害...
自分の「不眠度」を知り効果的に睡眠改善を

自分の「不眠度」を知り効果的に睡眠改善を

朝を制するものは人生を制する。ちょっと大げさに聞こえるかもしれませんが、早起きの習慣を身につければ、人生をもっと有意義に生きていけるということです。 そのためにも、まず自分の睡眠を見直し、ぐっすり寝てすっきり起きる習慣を身につけ、朝のつら...
睡眠時無呼吸症候群は深刻な症状を招く危険な病気

睡眠時無呼吸症候群は深刻な症状を招く危険な病気

睡眠障害とは、睡眠が病気のレベルになっている状態をいいます。 睡眠障害にはさまざまな病気がありますが、特に代表的なものとしては、●睡眠時無呼吸症候群●ナルコレプシー●レストレスレッグス症候群●周期性四肢運動障害この4つがあげられます。 今...
睡眠薬、やめるときも自己判断ではなく、医師に相談を

睡眠薬、やめるときも自己判断ではなく、医師に相談を

睡眠薬は、作用や効果を正しく理解し、医師の処方のもとで適切な量を服用することで、睡眠障害、不眠症などを改善することができます。イメージや間違った情報に踊らされることなく、上手に睡眠薬とつきあっていきたいですね。 ◎日本での睡眠薬の使用頻度...
現代社会でよくある睡眠時間ずれの悩み。その原因と対応② シフト勤務

現代社会でよくある睡眠時間ずれの悩み。その原因と対応② シフト勤務

コンビニ、ガソリンスタンドなどから、もともと24時間体制である警察、消防、病院なども含め、私たちが安心して暮らせるのは、夜間に働いている人たちのおかげでもあります。 交代勤務では、私たちが眠る夜の時間帯に仕事をし、夜間の仕事を終えた翌朝か...
現代社会でよくある睡眠時間ずれの悩み。その原因と対応① 時差ボケ

現代社会でよくある睡眠時間ずれの悩み。その原因と対応① 時差ボケ

警察、消防、病院、発電所、通信、交通機関...私たちの暮らしの基盤は、24時間眠らないさまざまな活動によって支えられています。 本来、人間の身体の仕組みからみれば、日中活動し、夜になれば眠る。そうした規則正しい生活ができるのは、体内時計の...
あなたはあてはまる?慢性の睡眠障害3つのタイプ〜その②③

あなたはあてはまる?慢性の睡眠障害3つのタイプ〜その②③

前回に続き、「概日リズム睡眠障害」の3つのケース、2つ目と3つ目をご紹介します。 (「①睡眠相後退型」の話はコチラ) ②非24時間型睡眠時間帯が、毎日1時間ずつ遅れていくというのが、基本的な症状です。光による体内時計の時刻合わせ機能が正常...